フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

音楽

2017年2月19日 (日)

むしろ沖縄に行きたい

某企画のレコーディングで久しぶりに上々颱風の紅龍さんと一緒に仕事。
先日僕が人生初の三線演奏で苦闘した成果が見えてきました。
歌録りには郷子さんも参加。
その後、最後までスタジオに残っていたメンツ全員でパーランク(沖縄の小さい太鼓)をダビングし、全録音工程が終了。
楽しい作品に仕上がりそうです。

Dsc04415
Dsc04408
Dsc04409

2017年2月18日 (土)

実は高性能だった体内時計

Cocolo'ne at All in Fun 無事終了。
お集まり頂いた皆々様、ありがとうございました!

実は今回のライブの隠れテーマは、諸事情もありまして「タイムテーブルに沿ったステージ進行」に設定されていました。
で、別にメンバーの誰かが時計をこまめにチェックしながら演奏していたわけでもないのに、結果的に2ステージ共に恐ろしいほどジャストに進んで(アンコール終了時間も含めて1分たりとも予定に対して前後しなかった)我々もびっくり!
それでも例によって行くあてのない無駄話もちゃんと(?)展開され、しかしいつも以上に起承転結のある無駄話(笑)としてまとまった感すらありました。
どうやらある程度の「縛り」を設けたほうがより一層力が出るチームらしい、という事が判明した夜でした。

そして「倶楽部ココロネ」の発足準備開始!
Cocolo'neの音楽を囲んで皆様により一層楽しんで頂けるようなアイディアを考えていきたいと思います。
詳細はまた今度。

◆春一番が吹いた金曜の夜の、魅惑のセットリスト◆
春が来た
Blowin' in the Wind
なごり雪
Eternal Flame
個人授業
TRAIN-TRAIN
与作
それゆけガイコッツ(タイムボカン)
SWEET MEMORIES
男達のメロディ
Dancing Queen
Rolling In The Deep
もみじの丘
ふるさと
アメージンググレース
Toss The Feathers
ビューティフル・サンデー

Dsc04389
Dsc04406
Dsc04370

2017年2月17日 (金)

自動販売機のヒーロー・・・?

本日、ココロネ(http://music-cocolo.net/profile.html)ライブ!
お時間合う方、ぜひ!
大塚 All in Fun・Open 18:30 Start 19:30(2ステージ、入替なし)
昨年末に引き続きボビー大久保も参加しての4人編成です。
予約はお店にお電話で!
大塚 All in Fun
東京都豊島区南大塚3-51-8 今井商事ビル1階
03-3987-6242
http://allinfun.jp/calendar/index.php

さて、話は変わりまして、数年前からアキダスに依頼されて一緒に作って来たヒーロー系楽曲の第?弾!(いっぱい作り過ぎて何曲目なのか分からなくなりました・・・笑)。
今回は「自動販売機」にまつわるヒーローっつう斬新な設定です。
3月4日から千葉テレビで放送されるので観てみて下さい。

2017年2月16日 (木)

今年もやるぞ〜!

打てば響くツーカーなチーム、Cocolo'neのリハーサルは充実の数時間を持って完璧な内容に仕上がりました。
とか言ってる割には、本番はどうせ例によってちょっとずつ予定と違って来ちゃう(笑)のでしょうけれど、それも我々らしさかなあ、と。
さて、2017年最初のオープンライブ、気づけば目前に迫ってまいりました。
今年もメンバーみんなの全スキルとアイディアを集めて全身全霊で音楽の楽しさを届け続ける所存であります。
お時間合う方、ぜひ!

2月17日(金)大塚 All in Fun
Open 18:30 Start 19:30(2ステージ、入替なし)
Music Charge:3,000 + 2 order
昨年末に引き続きボビー大久保も参加しての4人編成です。
ライブ前売り予約はお店にお電話で!

大塚 All in Fun
東京都豊島区南大塚3-51-8 今井商事ビル1階 03-3987-6242 
http://allinfun.jp/calendar/index.php 

170215234353550_deco
Img_20170215_213348

2017年2月15日 (水)

勝ちを運んだ・・・!

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島名物CCダンスでお馴染みの「勝利を我らに!~Let’s Win!...
KAYOU-CENTER.JP|作成: 全日本歌謡情報センター

プレスリリース Marquee Marblish BAND「カープに勝ちを運んだバンド」の広島公演決定 / 全日本歌謡情報センター https://www.kayou-center.jp/3384

2017年2月13日 (月)

活動24年目、まだまだ勝負するバンドの広島公演

http://tunegate.me/P20170208006
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
絶賛、拡散希望中!
マーマーバンドのプレスリリース、現在アクセスランキング9位だそうです。
よかったらぜひ、リンク先記事に「いいね」でもして頂いて、応援に一役買って下さいませ。

「それ行けカープ」歌唱のMarquee Marblish BAND、広島カープの日本一を祈念して2月25日(土)に待望の広島公演が決定!

Imgp3199

盛り上がるオーディエンス、ノセられて盛り上がる演者、好循環

Sister MAYO with カラテブラボー、2017年の初ステージ無事終了!
ムチャ振りされて参加する羽目になった(笑)マッチョ天狗マンも良い仕事をしてくれました。
この日はキャプテンズをはじめとするバラエティ豊かな出演者たちによるワンナイト、お客様たちも楽しんでくれたようで、我々の演奏中もとても良いリアクションを頂けました。
おかげでナイスパフォーマンスが出せたと思います。
カメラマンで入ってくれた小川さんがライブ感溢れる良い写真をたくさん送ってくれたので、まずはその一部をアップ!
都合が合わずに来られなかった方に雰囲気を多少なりとも垣間見て頂ければと。
そしてライブ後にみんなで行った飲み屋での「ロシアンルーレット事件」などについての報告はまた今度。
メンバーの誰かがその件については書くかもしれませんが。

148
105
116
077
099
122
014
007

2017年2月 9日 (木)

世界的ミュージシャン!

カラテブラボー、ココロネ、フィクションズなどでずっと一緒にやってる頼れる仲間・川越好博ゴエッチは今、アメリカはフロリダに。
エレクトリック・アストゥーリアスの一員として、世界のプログレバンドが集まるライブイベント(http://cruisetotheedge.com/)に日本代表で演奏しに行ってます、すげー!
入国審査の時には隣にYESのメンバーがいたそうです、YESが対バン! すげー!
前夜祭パーティーでMoody Bluesのステージを見て、ジョン・ロッジと一緒の写真撮ってる! すげー!
このイベントには、先日亡くなってしまったジョン・ウェットン(元キングクリムゾン・U.K.・そしてエイジア!)も参加予定だったそうです。
世界中のプログレファンの祭典なんですね。
いかんせん年齢層は高めっぽいけど(笑)。

さて、フロリダのゴエッチに対して江東区と新宿区の往復で終わる僕のここ数日ですが、行き先は「Sister MAYO with カラテブラボー」のリハーサル。
そんなわけでゴエッチは留守にしてますが、明後日のライブには天狗さんが参加します。
はい、天狗さんです。
2枚目の写真中央でございます。
正しくは「マッチョテングマン」さんです。
昨年のゼットン&パンドンと一緒にやったショーの後、なし崩し的に「じゃ、次回は天狗さん参加って事で」と言う流れになってやや災難な天狗さんですが、一緒に音を出してみたらコレが意外と・・・!
本番をお楽しみに。
見た目も含めて。

16473197_1233972126678702_54876723
16651963_1174873225962220_61949751

2017年2月 8日 (水)

捨てようとした途端、湧き上がって来る・・・

スティーヴィー・レイ・ヴォーンが大好き、というわけでもないのになぜか僕の手元にあるSRVモデル。
ある日、Ebyがウチに持って来てくれて以来、シングルコイル系サウンドが必要な時の主戦力になってます。
音自体は結構気に入っているのですが、左利き用のトレモロユニットが付いているのが特徴の機種で、アームが実に邪魔臭い位置にあって全然嬉しくない(笑)。

で、そのギター自体の事は置いといて、それを立て掛けるための「ギタースタンド」を捨てました、っつう、かなりどうでもいい話題です。

僕は付き合いの長い友人達の間では有名な「捨てられない系人間」なのです。
しかし、このスタンドはかなり古く、ギターの重みを支える部分の付け根のプラスチック部品が完全に劣化してしまい、ちょくちょくギターが転倒しかける事態が発生してきたので、さすがに廃棄を決断致しました。
それでも決断に数ヶ月を要し、その間にこのスタンドに乗せられたギター達は何度も危険な目に遭って来ました。
僕の「捨てられなさ」というのは常に本末転倒で非合理的なのであります。
でもいざ捨てようとすると「コレは俺が30数年前に生まれて初めて買ったギタースタンドだったよなあ、イシバシ楽器新宿店で2980円だったよなあ、何度も一緒に全国を旅したっけ、同じタイプをサトチン(当時のバンド仲間)もお揃いで買ったんだよなあ」なんて事を急に次々と思い出してしまうのです・・・。

まあしかし、モノを大事にする、っていうのとは違います、単に貧乏性ですね。
ギタースタンド、他にもいっぱい持ってるんです(笑)。

Dsc04339
Dsc04342

2017年2月 5日 (日)

竿モノばっかり何十本もある我が家

制作系の仕事では、鍵盤楽器とギター関連は可能な限り自分で弾くようにしています。
ところで、現在取り組んでいるいくつかの作業内容、弦楽器関連の方向性がなかなかのバラバラさで、ロックギターのソロを録った後にウクレレ(ホーチンの形見)をつま弾き、翌日は朝からクラシックギター(メケメラ喜多村さんから借用)で午後は沖縄三線(アキダス優から借用)、みたいな事になって鍛えられまくっています。

弦が何本か張ってあって、ボロンボロン・ジャランジャランやるっつう意味ではそう大差ないように見えるコレらなのですが、かなり似て非なる世界。
特に、ほとんど初めてちゃんと弾いたに等しい三線、これはちょっとハマりそうな予感。
演奏以前に調弦の難しさでのたうち回ってますが(苦笑)。

Dsc04360

より以前の記事一覧