フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年1月 7日 (月)

神仏習合(というほどの信仰心もないですが)

もう2019年が始まってから1週間も経っちゃってますが・・・。
年越しは例によって神社とお寺のダブルヘッダー散策。
リアル・横溝正史の世界」のロケーションを巡りつつ、スカイツリーのライトアップを遠くに見ながら除夜の鐘をついて煩悩を消す・・・事は出来てないと思いますが、取り敢えず無事に平成最後の年越しを完了。
平成も終わると言うのに昭和感満点の風情も満喫致しました。
さてさて、今年はいったいどんな出来事が待っているのやら。

ところで聞いた話によると、例の事件の後、富岡八幡宮での七五三は子供に渡す記念品を富岡八幡オリジナルからディズニーグッズに変更していたそうで。
神様ビジネスもいろいろ大変ですね〜。

Img_20181231_224409
Img_20181231_224345
Img_20181231_225755
Img_20190101_004838
Img_20190101_004855

2019年1月 2日 (水)

古いもの

平成最後の元旦の夕暮れ時。
古い物だけが持つ独特なオーラを後押しする時間帯ですね。

49343469_1956305267819008_906344271
49129686_1956305317819003_227011726

2018年12月23日 (日)

どう見てもコレは・・・

これは絶対に、わざと批判が起きるように仕向けたデザイン案だとしか思えない。
この後でもっとまともな案が出て「あ〜、まあこれならアリかも」と、再開発への拒否反応を抑える作戦。

2018年11月30日 (金)

悪い事するとお天道様が見てるぞ、のハイテク版

僕は常々「グーグルグラス的な物を誰もがいつでも装着」で、様々なハラスメントやイジメは撲滅出来ると思っているのですが、なぜか意外とヒット商品になりませんでしたね・・・。
この件の例で言えば、打ち合わせ内容の正確な記録という名目で装着の理由付けは出来ます。
ドライブレコーダーがトラブル回避の為に一般的になってきた今、次は「ライフレコーダー」だと思うのですが。
視界に入る物全てがリアルタイムでクラウドにアップされちゃうの。
なんだったら後頭部にサブカメラ、とかも良いかも。
もちろん悪用もされると思うけど、悪用したいヤツはどんな方法を使っても結局悪用するだろうから、社会全体ではメリットのほうがずっと大きいと思うんですが、どうでしょう・・・?
ついに人類は「言った言わない・やったやってない」から解放される時代を迎えられるし、全ての犯罪が驚異的に激減すると思うのですが。
防犯カメラの抑止力どころじゃない。

小さい子供なんて、これ見よがしに「ライフレコーダー作動中」と書いてあるタスキか何かをして毎日登下校。
ある程度認知された存在になったら、なんだったら装着してるのは「ダミー」でも良いかも。
見られている「かもしれない」で役目は果たされます。
そして機器がどんどん小型高性能化されて、ついに「お天道様が見ている」の領域に。

2018年11月14日 (水)

逸らし度

スマートフォンで調子に乗って写真を撮りまくってたら容量限界に。
まとめて一気にパソコンへ移したら、思い出ネタの山になってしまいました。
ネタはどんどん使わねば。

先日、トシちゃんツアーの宮崎行きで乗った飛行機は、初めての「ソラシド・エアー」。
なんとなく「弱小F1チームのカラーリング」みたいな色使いが、僕の好きな感じでした。
そして、以前に自分のバンドの名前を「ソラシ堂」にしようかと考えていた事も思い出しました。
うん、今思ったけど、結構悪くない名前だったじゃないか!

Img_20181101_113754
Img_20181101_112920

2018年10月 3日 (水)

地獄からの使者系

移動の車内でヒマだったので、「自撮り女子・御用達アプリ」的な物を駆使してみたのですが。
なんだか死神テイストすら感じられる写真になるばかりなのはイカンともしがたいのでしょうかね・・・(笑)。
という事で、以降は普通モードに戻しました。
やっぱりギミックに頼らず、ちょっと良い写真が撮れるデジカメ買い直そうかなあと思う今日この頃。
想い出コレクターの自分には必須アイテムかも。

Img_20180922_124213
Img_20180929_134206
Img_20180922_141054

2018年10月 1日 (月)

体感しないと分からない、でもその時にはもう遅いかも

仙台PIT行きの想い出シリーズ(眼鏡ちょっと曲がっちゃってるけど)。
かつて、特急列車などの先頭には「ヘッドマーク」っていうのが常に付けられていました。
それらの実物が展示されている(追記:レプリカでした・・・)のを帰り間際に発見!
しかもこれらを「仙台駅で」観られたというのが、少年時代を「やや鉄」として過ごした僕にとっては感涙モノでした。
『寝台特急はくつる』・・・なんと美しい響きなのでしょう。
ああ、ノスタルジー。

そして話は変わり、昨夜!
台風がだいぶ近づいて来た時、ふとベランダに何か片付け忘れた物はないか気になって出てみようとしたのですが・・・。
ほんの数歩進むのもビビってためらわれる程の超絶強烈な風。
そして「音」だけでも、ただならぬ危険を感じさせました。
東京の観測史上第三位の瞬間最大風速だったそうです。
あれは、さもありなん。
普段の人間の想像力なんてほんとに限定的だなと思いました。
大げさくらいに回避&防御でちょうどいい。

Img_20180929_134018
Img_20180929_212520
Img_20180929_212529
Img_20180929_212537

2018年8月29日 (水)

竜の巣

「父さんの言ったとおりだ! ラピュタは本当にあったんだ!」
・・・この写真の時とは違いますが、昨夜はウチの辺りもまぁまぁ凄い事になってました。
壁がビリビリ振動するレベル。
しかし雷よりも何よりも、この雲!

2018年8月24日 (金)

標高1000メートルで過ごしてみたら、まさかの気温36度

慌ただしさ満点の8月ですが、強引に休暇スケジュールに突入。
気持ち的には全然のんびり出来ないモードですが、とりあえずしばし、さらば東京!

美しき旅の想い出フォトシリーズ(写真には気温は写らないのが良いですね)。

Img_20180822_145749
Img_20180822_160224
Img_20180822_183424

2018年7月27日 (金)

音楽やってない日常

昨日は、泉見洋平&フィクションズの来週8/4に六本木クラップスで開催されるライブのリハーサル。
演奏が非常に難しい曲が含まれていたりして妙な盛り上がり(笑)もあったり。
そのへんの話はまた今度。

ところで僕は日常生活が地味(まあ好き好んでのスタイルですが・・・笑)なので、どうしても投稿は音楽活動関連の写真が多くなってしまいます。
たまには、チマチマと撮りためたここ最近の他の写真などもアップして、日記替わりです。

【数十年ぶりに訪れた三鷹電車庫の手前の跨線橋】
従兄弟が近くに住んでいて、子供の頃には遊びに行くたびに必ず電車たちを見に行っていました。
やっぱり良いスポットです。
この跨線橋はなんと、昭和4年に作られたんだとか!

【足元まで行く事が出来る若洲の風車】
羽根の先端から地面までかなり距離があるのは分かっていても、ブンブン回っているのを下から見上げると首チョンパ(←死語?)されそうな気がして身がすくみます。

【なんでそんなに悪人顔なんだ?】
と呆れる程コワいサメ(シロワニ)。
実はおとなしい性格なのだそうですが、そんな事言われてもねえ . . . 。

【焼きそば弁当】
帯広の宿で、夜にお腹が空いた時のために買って帰った北海道名物カップ焼きそば。
茹で汁を使うスープも付いてて王道な美味しさで良かったのですが、なぜか「超盛り」というのを選んでしまって心底後悔。
麺の塊が「2個!」二段重ねで入っていました。

Img_20180609_165347
Img_20180625_175348
36137065_1687898744659663_174162560
Img_20180624_015323

より以前の記事一覧