フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

「陰キャ」上等!(2021桜日記・その2)

この時期限定なので、しばらく桜ネタで押して行こうと思うご近所散歩日記。

3月なのにすでに半袖のほうが良いんじゃないかというくらいの陽気の中、緑の葉っぱが出始めていますが、まだ爛漫感あります門前仲町の桜。
最高です。

お花見出来ない世の中ってえのも寂しいよなあ、と思いそうになった時、ふと気づいてしまいました。
そもそも僕は今までの人生でほとんど「いわゆるお花見(敷物の上でビール、みたいな)」をした事がない、という事に。
ていうか、お花見の集まりに呼ばれた事がない、という事に(笑)。

まあ、普通にこうやって散歩しながら眺めて「おおっ、コレはインスタ映えだわ~」とか呟きつつ写真を撮ったり出来れば十分に楽しいんですけどね。

あっ、でも10年くらい前かな、お花見で盛り上がってる人たちの横に勝手に楽器をセッティングして簡易ライブを始めてみたら、最初は顰蹙買ってる? と思ったけど最終的に大喝采になった、っていう楽しい思い出はあります。
「陰キャ」も楽器持たせると何か出来るもんですよ。

P1090918

P1090823

P1090912

P1090832

P1090809

2021年3月30日 (火)

有名じゃなくてラッキー(2021桜日記・その1)

今年も桜は咲き誇りまくってます。
写真1枚目はすっかり有名になった中目黒(目黒川)の桜。

とても人気がありますが、僕はラッキーな事に、それと遜色ない並木が自分の家のすぐ近所にあるので、よし花見をしよう! と思う必要もなく花を見られます。
写真2枚目、門前仲町(大横川)の桜。
しかも今年は観光客向けのライトアップ用提灯などが全く出ていない事により、本来の風情を取り戻しています。

Img20210327160630

Img20210325171347

2021年3月25日 (木)

こういうの全部

27日のライブに向けてスタジオでリハーサル。

久々に聴くヒデにぃの美声。
僕自身も案外まだ声出るなあ。
4人のハーモニーもバッチリ。

ああ、それにしても、この空間の目に入る物全てが好きだわ、としみじみ思う。
僕は自分を「凄い音楽好き」とも思わないし「伝えたいことがある」とかでもないのだけれど。
愛してやまない「上手く説明が出来ない、なんかこういうの全部」というこの気持ちが恐らく死ぬまで続くんだろうと思います。

S__323584182

Img20210323165942

Img20210323165953

Img20210323170005

Img20210323170020

2021年3月19日 (金)

超おめでとう!

渋滞と格闘していた日。
まあこんな日もあります。

でも、友人からの素晴らしい吉報が届いて、とてもとても嬉しい日でもありました。
年を経る毎に心の底から感情が動くような体験は減ってきてしまっているように思いますが、とにかく今日は本当に素晴らしい日。

渋滞にイライラなんて、ちっちゃい話だ!

Img20210319172141

2021年3月18日 (木)

南三陸町のライブ配信スタジオ

雪もチラつく東北へ車を走らせて撮影と演奏をしてきた1月の某日。
関東と宮城の合作バンド「バナナジェイル」と、僕と豪くんとの伝統的お座敷芸ユニット「ザ・花びら」で熱演致しました。

震災から10年後の南三陸町の、コロナ禍でもリモートパフォーマンスが可能な音楽スペースの存在をお知らせする動画配信。
明日と明後日の夜21時からYoutubeにてオンエア(URLは現在確認中)。

135533134_420819082302767_11020882974006

Img20210106153935

Img20210107105406

Img20210108153016

Img20210107101713

2021年3月16日 (火)

これがないと先に進めない

ご近所散歩の写真ばかりが溜まってしまいます。

僕は割と「橋」も好きなほうなので、今回は橋シリーズ。
お江戸は水辺が多くて大小様々な橋が架かっていて飽きません。

僕の住んでる江東区だけでも100くらいはあるのでは(もっと多いかも?)。
お隣の中央区も印象的な橋や風景が多いです。

P1090738

P1090727

P1090734

P1090723

P1090732

2021年3月15日 (月)

重いコート脱いで

今にも撤去されそうで、でもまだある線路。
今までにも何度も取り上げておりますが、僕の大好きな場所。
ここにも春が来ました。
演奏動画を撮りたいなあ。

僕の師匠が韓国の映画で主演されまして、それを観た時にも改めて思いました。
線路は詩だ。

Img20210314131030

Img20210314131054

Img20210314124610

Img20210314124744


師匠主演の映画のトレーラー

2021年3月10日 (水)

10年。桜の花が今年も咲きます。

ウチの近所にも、もう咲いている桜も結構ありますね。
寒桜(カンザクラ)っていうんですかね?

山口芳明が残してくれた歌を、繋いでいきましょう。
3月27日に開催予定の木内秀信ライブ「桜の会~Vol.2」ですが、チケットはソールドアウトしていましたがキャンセルぶんの二次予約があります。
3/14~3/16の受付です、抽選になるかと思いますがよろしかったらぜひ。
http://be-flat.info/infomation/20210327.php

よ~し、去年新たに用意したのに出番がなくて眠っていたギターを登場させるかぁ!
腕利きリペアマンに整備してもらったら凄く弾きやすくなって帰ってきたヤツ。

ヒデにぃのステージ、久しぶりでとても楽しみです。
今までもホントに色んな場所、シチュエーションでやってきて、色んな事が起きました。
さて、今回は果たして・・・?

P1090747

1541531572441

Img_20190330_174337

P1050331_20210310215201

1541531724479

1541531672795

2021年3月 8日 (月)

女宇宙海賊

先日、隅田川沿いを散歩していたら、松本零士デザインで有名な水上バスがやってきました。
最新型の「エメラルダス」です。
https://robotstart.info/2019/07/23/emeraldas-obotai.html

僕に近い世代の方にはかなり知名度が高いネーミングだと思いますが、そのルックスはどっちかというと風の谷のナウシカに出てくる王蟲(オーム)を連想させますね~。
特に正面から見た時とか。

一時期は水上バスもほぼ無人に近い感じで運行されてましたが、天気が良かったせいか結構人が乗ってました。
勝鬨橋のほうへ遠ざかっていきましたが、例によって安い割には望遠力だけは自慢のデジタルカメラで思いっきりズーミング!
まあまあインパクトのある絵が撮れました。

そんなある日の昼下がりの、ぃちい(ろう)散歩。

P1090693

P1090676

P1090696_20210309052001

2021年3月 6日 (土)

沈黙する世界

演奏されている様子を映像で見たのは初めてです。
有名なジョン・ケージの「4分33秒」 by ベルリンフィルハーモニー。
↓ ↓ ↓
公式動画
です。

ロックダウンに入る前の最後の曲として演奏。
コレをアンコールに持ってくるメッセージ性!
本来は周囲で偶然鳴る音も音楽の一部と捉えるコンセプトの曲だと思いますが、コンサートなので客席は当然静まり返ります。
音楽だけでなく会話も笑い声も消える世界をシミュレート。

15

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »