フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

続・ベースボール「新機軸のプロモーション動画?」

結成から28年目に突入した我がバンドの敏腕マネージャーからメンバーへの一斉メッセージ、ぼちぼち演奏活動へのウォーミングアップをしておけ、例えば○○をするのはどうか? 的な。

気づけば、またしても数か月、メンバー同士で顔も合わせていない・・・。
と思いきや、実はチャオと僕は「幻の二遊間」を組むという超新機軸な共同作業を先日したばかり。
写真見てるぶんには意外とソレっぽく見える。

なので大丈夫です、いつでもすぐに素晴らしいハーモニーを奏でてみせましょう。
ただ、生意気にもちょっとだけ専門的な話をさせてもらいますと、僕のショートは無いわ~!!

P1090521

P1090520

P1090550

P1090552

P1090619

2021年2月25日 (木)

フォトフォト日記・2020初夏

もうちょい引き籠り活動が続くので写真ネタが広がりません。
という事で、すっかり忘れていた2020年のグーグルフォト振り返り企画第2弾「初夏編」です。
ほぼ自分用日記ですが。

準備が大変だったけれど甲斐あってメチャクチャ面白かったYoutube生放送。

春日先生から頂いた香り高き唐辛子がラスト1本になっちゃってもったいなくてなかなか使いきれなかった事。

無人の橋の下で「コレなら誰も文句はあるまい」とストリートライブ実験で熱唱してみたら喉がなまっていてすぐにギブアップした日。

そんなこんなとは全く関係なく今年もバリバリに咲き始めたベランダのアサガオたち。

久しぶりに楽器を持ってスタジオに行ったら演奏以前に身体があちこち痛くなって必死でストレッチ。

・・・みたいな。
こうやって切り取ると何だかんだで楽しくやってたように見えるのが思い出美化の良いところです。

P1080048

P1080050

Photo_20210225165501

P1080133

2020622_200625_0017



そして「橋の下で無駄に熱唱」の回は、こんな感じでしたね。
とても大雑把な編集ですが、僕としては初めてWindowsパソコンのソフトを使って作業した記念すべき一本です。
以後、このやり方を追求して結構色々やれるようになりました。

2021年2月23日 (火)

何と最近は映像の仕事依頼もあり!

昨日は気温が21度とか、春が来たかと思うべな。
待て待て、まだ2月だっつうの。

そしてこんなに最高に気持ちが良い陽気にも関わらず、パソコンに向かって動画編集に明け暮れています。
ご時世に対応するべく去年から研究と実践を強引に並行してやってましたが、ライブなどの演奏映像を中心とした動画制作の仕事を依頼される事もある状況になってきました。
実に面白い作業ではありますが、あっという間に一日が過ぎます。
人生が500年くらいあったらなあ・・・。

めっきり眼も疲れやすくなったので、ちょっと散歩。
いやあ絶対にコレは4月とか5月の感じでしょ。

ああ今日も日が暮れてきてしまった。
最近の夜はワインの比率がちょっと高め。
安くてもイケるやつを模索中。

動画三昧のこんな日々、何が画期的かって、楽器を演奏したりするのが「休憩・気晴らし」の役を果たす日があるという事。
忘れがちな何かを思い出します。
もうじき音楽を再起動しますが、その時にこの気持ちが威力を発揮すると思われます。

14

Img20210219221501

Img20210222160622

Original_5708603990794a28960f88d2b882c67

2021年2月21日 (日)

伝説になる(多分すぐ忘れられるだろうけどそれでも良い)

これを取り上げるのはタイミング的にはちょっと遅いかもしれませんが。
いかんせん、常磐線を使いながら育った僕としては、何となく「特急ひたち」には肩入れしてしまうバイアスが働きます。
実際の現場では単純に美談にしているような場合じゃなかっただろうな、というのは何となく想像はつきます。
でもここは素直に、胸アツになっておくかな。

ネットでヤジ馬が騒ぐ展開の中でも「良い部分」が出てると思います。

ツイ速クオリティ!!『ムーンライトひたち』
https://rubese.net/twisoq001/index_trend.php?id=111825

常磐線ひたち22号に賞賛の声「伝説になる」
https://matomame.jp/user/FrenchToast/b08613ede04b47ff1222

22_20210222222201

2021年2月17日 (水)

青空いっぱいにかかったCongratulations!

月曜日の夕方。
さっきまで強い雨が降っていたと思ったらサッと上がり、西から日差しが。
もしや、このパターンは、と思っていたら・・・。
前方に見えてきました、予想以上の凄い虹。

永代通りを東に車を走らせていて、明治通りを過ぎると空が広くなります。
都内にいてこんなに端から端まで文字通りの「虹の架け橋」を見られる事は滅多にありません。

この後、11年間に渡って続けてきた成果による小Nの金字塔を僕は目撃する事になりました。
素晴らしいオープニングアクト役を果たしてくれた虹の写真を記念にアップ。

Img20210215163258

Img20210215163614

Img20210215163440

2021年2月15日 (月)

ベースボール、、大好き

草野球チーム「足立エロティックス(Ae)」の練習に混ぜて頂いて、凄く久しぶりに金属バットを握ってバッティングとか内野の守備位置についてゴロやフライのキャッチとか、かなり野球めいた事をやりました。
僕は小学生の頃の野球遊び以上の経験は全くないし、野球センスも身体能力も持ち合わせていませんが、下手クソなりに楽しかった子供時代の原っぱの光景を存分に思い出させてもらいました。
スポーツウェア的な物を全く持っていないので、ここはやはり気分だけでも最高の二塁手・カープの背番号33番のTシャツで参加。
エロティックス、ありがとう!
これに懲りずにまた混ぜてくれ!

(以下、備忘反省文)

意外にも「打球を捕る」動作はそこそこ身体が覚えていて出来た。

「バッティング」は、超打ちやすい山なりボールを投げてもらったのでバットには当たるが、どこかを怪我しそうで怖くて体全体を回転させる事が出来ず、完全手打ちに。
あれだと滅多に外野にまでは飛ばなそう。

それ以外の「投球」「送球」「走塁」は、ギャグの領域。
バッティングピッチャー代わりに15~6球を軽~く、しかもマウンドよりだいぶ前から投げただけで、みるみる全身がパンパンに。
打撃練習では最後の1球だけ走塁しろとの事だったので、ここはやはりイチローらしく意表を突いたバントヒットを狙っていったのだが、バント自体はまあまあ良かったが走れなさすぎ。
1塁の5メートル手前くらいで命の危険を感じてスロー走行、楽々アウトに。
守備練習でも軽快にゴロをさばくところまでは出来ても、1塁への送球もゴロになってしまう。
怖くて全く腕が振れない。

・・・というような状況でヨロヨロとグラウンドを動き回り、翌日は全身痛くてしばらく起き上がれず。
スポーツは大変だ。

Img20210213170534

P1090623

P1090598

P1090600

Img20210213170847

2021年2月 9日 (火)

アイディアは会話の中に

素晴らしいソングライター、渋いシンガー、そして上々颱風のリーダーである紅龍さんがいらっしゃいまして、とあるプロジェクトに向けて久しぶりに一緒に制作作業をさせて頂きました。

一緒に音を聴いてアイディアについて話し合い、また新たに音を出して。
制作に関しては僕は一人っきりでチマチマやるのも嫌いではないほうだけれど、やっぱり音楽は誰かと一緒にやるほうが3兆倍楽しいという事実は否めません。
色んな話題に脱線しているかのような会話の中にも、音づくりに繋がるヒントがあったりもします。
超充実の時間!

今回はキーボード弾いて、長年愛用のダンエレのベース弾いて、最近何かと活躍している「音音(オトオト)」のミニギターも弾きました。
大まかな外枠は一応出来上がり、以降はまた後日につづく・・・。

作業が終わった後、紅龍さんに
「一郎くんのやってるココロネのオリジナル曲(おばけの森)と、ブルーハーツのカバー(Train-
Train)がすごく良いと思うので、音源が欲しい」
と、超ありがたいお言葉をかけて頂き。

とても嬉しかったです。

Img20210209114910

Dsc01399

Dsc01456

 

 

こちらが僕の参加しているCocolo'ne(ココロネ)のオリジナル曲です。
「東京都・アートにエールを」に掲載された、僕が作曲した『おばけの森』です。
よろしかったらぜひご覧下さい。
そしてチャンネル登録頂けるととても幸せです。

 

2021年2月 8日 (月)

転がるボールが必要

急に思い立ちまして。
人生初、サッカーボールを買いました。
高級モデルじゃないけれど一応ナイキです(またしても赤)。
何だか今、とても必要な気がしてしまって。

そういえば、子供の頃はドッジボール的な物は買ってもらった記憶はあるけれど、それなりのガチなサッカーやバレーボールやバスケットのマイ・ボールは一度も手にした事がなかった気がする・・・。

得意・不得意の意識って、そんなに高いレベルの話でない場合は、大抵は多少の経験があるかどうかだけだと思います。

Img20210207070754

Img20210206160007

Img20210206153029_20210208102701

2021年2月 5日 (金)

恋しい

話題の音声SNS「Clubhouse」ですが、Facebookでの誘ってくれアピールが功を奏して僕も無事に参加出来ました。

そもそもコレが今のところiOS専用のアプリであってiPhoneユーザーの間で広がっている物だ、という前提すら知らなかった僕は、何とAndroidユーザー(がーん!)。
基本的にスマートフォンで何かやるのが苦手で(画面も文字もちっちゃくて見えないっ!)可能な限り何でもパソコンを使いたい派。
しかしClubhouseはパソコンでは使えないっつう!

こりゃダメか? と思ったのですが、iPadを使うというテが残ってました。
登録とか英語ばっかりなのでかなりテキトーな理解で進めましたが、なんとか大丈夫でした。
で、現状としては「コレの何がそんなに面白いのか?」って感じなのですが、そのうち面白さに気づく日が来るのかもしれません。
もしハマってきたらまたレポート致します。

自分を誘ってくれた人、さらにその人を誘った人、というのをずっと辿っていけるのですが、僕から8人ぶん辿ると何やら創始者らしき所まで行ってしまうという事態に。
ホントに?
2人ずつしか誘えない仕組みに例外がないとしたら、2の8乗で256人なので、何か僕が間違ってる可能性大ですが。

・・・しかしまあ、ネット仮想空間に対してはかなり肯定的で受け入れているタイプの僕ですが、それでもさすがにリアルなコミュニケーションが恋しくなってきました。
去年、たった1回だけやった「単なる飲み会」の写真。

P1080016

役得かもしれない

ミックス作業を依頼されて、没頭。
だいぶパソコン画面も「密状態」になってます。

作曲にも演奏にも編曲にもタッチしていない楽曲の仕上げを任されるというのは、いつも結構スリリングな体験です。
かなりミクロな所から入るのが僕のやり方なので、だいぶ仕上がって来てからでないと「何気なく普通に聴いている感覚」で曲に向き合えません。
本当は逆の順番のほうが正しいような気もするのですが、なかなかスタイルは変えられません・・・。

そしてある瞬間から急に歌詞の内容が身体に入ってきます。
ふむふむ、と聴き続けて、最後の最後のワンフレーズに意表を突かれて感動、不覚にもちょっと涙。
今日作業していた曲は、良い歌です。

最初のリスナーになれる、役得とも言える仕事をしているなあと思う瞬間。

Photo_20210205004701

 

2021年2月 3日 (水)

美味しいは正義

何しろ依然としてリモートでの制作仕事がメインになっているので、驚異的なステイホーム率です。
苦にならないタイプの自分でホントに助かりますが、それでもたまに外で昼食など食べるのは楽しいし、変化が少ない日々の中、フォトライブラリーの数少ないネタにもなります。

という事で、1枚目は近所のレストランで食べたランチ、秀逸!
写真見返しているだけでまた食べに行きたくなります、まさしくプロの味。

2枚目は僕にしては珍しくラーメンを昼に食べた時のですが、悪くはないのでしょうけれど、多分僕はラーメンの好みがとてもピンポイントなので(だから滅多に食べない)ストライクゾーンには来てませんでした、残念。
とんこつの場合は「元祖長浜家」みたいなのが好きです。

そして3枚目は志津川のリッチーのハンバーグ定食。
ごく普通の定食メニューを色々出している中のひとつなのですが、気合の入ったハンバーグ専門店にも引けを取らない美味しさです。
何年か前に木内ヒデにぃのライブをここでやらせて頂きましたが、またいつかここで演奏出来る日が来ると良いなあ。

Img20210201115900

Img20210115140506

Img20210107132148

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »