フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 盗撮 | トップページ | 直接民主制に慣れてない我々 »

2020年10月27日 (火)

絶える事のないその情熱は僕の永遠の目標

偉大なる僕の師匠、春日"Hachi"博文。

1972年に若干18歳で元祖・日本のハードロックバンド「カルメン・マキ&OZ」を結成、リーダーとして活躍。
解散後にRCサクセションやNOIZで活動、その後韓国に渡ってチャングやケンガリなどの打楽器を習得、ソウルでは様々なアーティストをプロデュース、自身でもユニットを組んで現地デビューしてヒットを飛ばし、さらにはシンガー、ウクレレ奏者、映画の主演等、縦横無尽に飛び回る。
近年はマキOZやNOIZの再結成で沢山のファンを熱狂させている、偉大なる僕の師匠。

僕が10代の頃にギターレッスンで師事して以来、当時も今も変わらずに接してくれます。
思えば今まで何度も「一郎、アレ出来る?」「一郎、ソレやってみたら良いんじゃない?」「一郎、コレ頼みたいんだけど出来るよね?」と、次々と僕の中に隠れていた欠片を引っ張り出すきっかけを投げかけて僕の人生を広げてくれました。

さて先日、先生と二人で某所で過ごした一日。
何をやっていたかは近日お話し出来ると思います。
先生と一緒にいると音楽が今さらのようにもっと好きになるのです・・・。

ちなみに
https://diskunion.net/jp/ct/detail/1008208094
先生のウクレレのアルバムです。
すごく良いのでどなたにもお勧め。

Img_0398

P1090007

P1090004

 

 


当面の間イチ押しの、僕が参加しているココロネの動画です。
そしてよかったらチャンネル登録もいただけたら、本当に幸せです。

« 盗撮 | トップページ | 直接民主制に慣れてない我々 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盗撮 | トップページ | 直接民主制に慣れてない我々 »