フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月28日 (月)

忘れられない2秒間

こんな現状の中、進んでいくトシちゃんコンサート「TOSHIHIKO TAHARA DOUBLE ‘T’ TOUR 2020 Love Paradise」の3公演目は埼玉県の越谷。

観客の皆さんの創意工夫溢れるペンライトの演出は、ステージから見ていて素晴らしかったです!
ステージ上の我々が喜ばせてもらっちゃってどうするんだ、って話ですが、制約が多い中でも少しでも楽しい時間を一緒に作ろうとしてくれているその心意気がとても嬉しかった。
コロナはクソ鬱陶しい存在ですが、色んな気づきをもたらしてくれているのもまた事実だなと思います。
僕もまだまだもっと頑張ろう。

そして今回は配信用の収録スタッフも入っていて、ステージ袖はいろんな装置と向き合う姿がたくさん。
個人的興味で「コレはなんのための機材なのですか?」とか訊いてみたい事が山のようにありましたが、お仕事の邪魔をしてはいけないので、しかも僕は僕で自分の仕事に集中すべきと思い、質問攻めはやめておきました。
が、あまりにも興味津々なので、次にこういう機会があったら色々訊いちゃうかも(笑)。

そういえば、途中で進行の関係で僕がピアノ独奏で繋ぐ場面があったのですが、その瞬間の雰囲気で「こんな感じかな~?」とアドリブで行きましたが、全然自分では良し悪しは分かりませんでした。
感想を各方面から頂いた結果、意外と好評だったようでひとまず安堵。
他にもまあまあ諸々ありながらも、とてもライブらしい楽しい一夜になりました。

そして、本編終了間際には僕にとって忘れられない2秒くらいの時間があったのですが、その話はちょっと長くなりそうなのでまたいずれ。

帰路、特急が新越谷駅には停まらずに爆速で通過する様子を激写。
これに乗れたら早いのになあ。

P1080693

P1080692

P1080694

P1080696

2020年9月23日 (水)

フォトフォト日記・その4

7月の某日に行った新宿の思い出。

驚くほど閑散としていました。
人がいない新宿って結構不気味で、SF映画っぽかったです。

高層ビルの足元のパブリックビューイング用と思われる広大な空間。
東京オリパラに合わせて作ったらしいですが出番ナシです。
オープンスペース状態でしたが全くの無人。

そこから駅に向かう長い長い地下通路には柱ごとにオリパラの種目別のマークが。
写真に写ってる Wheelchair Rugby は「車いすラグビー」ですね。
ちょっと古い記事ですが
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO93343590Y5A021C1000000/
とか読むと、かなり綿密に考えられたルールなのが分かります。
面白そう。

そして、凄い大工事の末に(構想数十年、工期8年!)新宿駅西口側と東口側を改札外で繋げる新たな通路がついに完成した記念すべき日でしたが、冗談みたいに地味な張り紙だけが貼られていて、せっかく出来た通路を行き交う人の数も「一日で350万人(!)という世界一の乗降客数の駅」にはとても見えないような少なさでした。
でも、張り紙の手作りテイストっぷりは微笑ましい気持ちにさせてくれました。

あと思ったのは『東京の目』というオブジェはエヴァンゲリオンの使徒っぽいなあ、と。

P1080078_20200930064201

P1080082_20200930064201

P1080064_20200930064201

P1080089_20200930064201

P1080090_20200930064201

2020年9月22日 (火)

リアル・ジブリ系

これは・・・、ビジュアル的にはラピュタ入ってるし、話としてはナウシカ入ってるかも。
「虫と人は一緒には暮らせないのだよ」っつう事で人間のほうが撤退。
たった2年でコレだから10年後はどうなるんだろう?
やっぱり巨神兵連れてきて・・・?
『都会の楽園のはずが…緑あふれる集合住宅、蚊の来襲でほぼ無人に 中国』
↓ ↓ ↓
2-1

2020年9月21日 (月)

こちら側と向こう側をつなぐ

先日、ずいぶん久しぶりにファミリーレストランに入りました。
いつ以来だろう?
入り口で名前を書いて順番を待って、というような混雑は全くありませんでした。
店内も実に静か。

目の前が隅田川だったので、やはり自称・街角カメラマンとしては食後はテラスに降りて橋を撮影しないわけにはいきません。
しかし、いつの間にやら青色系でライトアップするルールに変わったのでしょうか?

かつては跳ね橋だった名残を今も残している事で有名な勝鬨橋。
川の向こうには、輝く都会の夜景の中で一角だけ暗闇に沈む築地市場の残骸がぼんやりと見えて異彩を放っています。
その先には最新の築地大橋(何年も前ですが、仕事で東京湾クルーズの船に乗った際に偶然、このアーチ部分を巨大な船で運んで海上を移動させてくるのを目撃して『こんなふうにやるんだ!』と非常に驚いたのを覚えています)。
上流方向に見える佃大橋(その向こうには中央大橋と我が地元の永代橋も見えています)。

今後状況によってこれらが一斉に赤いライトアップに変更できる仕様になっていて、その際に差が分かりやすくなるように青系にしてある、なんつう事はないのでしょうか?

P1080653

P1080657

P1080654

P1080658

2020年9月20日 (日)

素敵な人

藤木孝さん、ミュージカルでご一緒させて頂いた時の写真を見つけました。
あの日、とても素敵な人だと感じました。
「願わくば、こんなふうに年を取りたい」と思わせてくれました。
風貌についてはあのカッコ良さは無理ですが、せめて振舞いとか雰囲気とか、ね。

音楽監督という立場だった僕はバンドメンバーとしても参加しまして、本番中は演奏のためにステージ奥にずっといたのですが、藤木さんのお芝居のシーンはとても惹きつけられました。
打ち上げの席でその事を伝えると、小声で
「今回は僕は、とても良い役をやらせて頂いたんです。役者的には『美味しい役』ってヤツですね。ホントは役者は美味しいとか美味しくないとか言っちゃダメなんですけどね!」
と言ってイタズラっぽく笑った顔が(親子ほど年下のバックミュージシャンの僕に対して、敬語!)忘れられません。

そして別れ際にはハグしてくれました。
たぶん、ずっと忘れないと思います。

・・・悲しいなあ。

119751359_716461182548798_48535388710542

119896008_1029936587450101_8909531269016

1-1

2020年9月19日 (土)

仕事場での「癒し担当スタッフ」

猫っていうのは「猫っ可愛がり」したくなるような可愛さがある、ってーのを突然思い出した(もう何十年も前ですが、僕にも猫たちと暮らしていた時期がありました)のは写真のコイツのせいです。
ちなみにココロネの美月さんは「レオくん」、豪さんは「クッカ」の事を語る時に同じ感じで目尻を下げて猫好き同士で妙に連帯していますが、僕もコイツ(名前はブンジと言います、渋い!)の可愛さで対抗しようと思います。
ひとんちの猫ですが(笑)。

この日は日常風景的なテイストの録音と撮影作業の日。
寄ってたかっての手作業感満載、そしてまあまあ本気で機材もセットして、僕は音録りと映像編集担当。ブンジは大変活発なタイプですが、仕事の邪魔はしなかった。
偉い!

P1080155

P1080151

P1080137

2020年9月17日 (木)

光のシュプール

トシちゃんツアー名古屋公演、無事終了。

会場は「日本特殊陶業市民会館・フォレストホール」でした。
23年前(!)に江口さんや山ちゃんがトシちゃんのサポートメンバーになって最初のツアーの時にここでやったのを山ちゃんが覚えていました。
僕はここは今回が初めて。
元々は「名古屋市民会館」と呼ばれていた50年近い歴史のあるホールだそうですが、舞台に上がって客席を見てビックリ、非常に天井が高くて4階席まであります!
そのさらに上から急角度で照らしてくるスポットライトの動きはなかなかのイリュージョンでありました。

そして今回も様々な制限の上で開催された公演。
楽屋の3人掛けのソファも写真のような状況、新幹線は往きも帰りもかなり空いていました。
それでも、まさしく文字通りの「静かな熱気」を発しまくってくれる観衆の皆様のおかげで、とてもいいステージが出来たと思います。

ちなみに僕は「ほんの少ししか」コロナ太りをしていないつもりだったのですが、トシちゃんには見過ごしてもらえず、本番中に指摘されました(笑)。

P1080665

P1080683

P1080670

Img_20200916_113616

P1080682-1

2020年9月15日 (火)

今日はドラムは無し、とか、スポットライト無し、ってわけには

先日、コンサートツアー開幕を前に全演者&全スタッフ総勢数十人で抗体検査をやりまして、全員が陰性&過去の感染もナシ、という判定が出ました。
日本は「実は無症状に近い形で過去に感染している人が多いので、すでに集団免疫が形成されつつあるのでは?」というような説もありましたが、今回の検査に限っては全く当てはまりませんでした。
まあ何しろ「非常に自粛せざるを得なくなった業界」の人間の集まりなので、こういう結果が出たのかもしれませんが・・・。

それにしても、もしこれで「5枚目の写真のB」の判定だったら、その人は即退場なのです。
これはなかなか緊張感満点な展開。
ちなみに僕が退場だとすると、天才あゆみちゃんがサクッと譜面初見で弾いて(母上がピアニストでいらっしゃいます)間奏だけサックス演奏、みたいな離れ業で乗り切れるかもしれません。
あれ? 実は僕はそんなに必要ない的な?(笑)
が、他の誰が欠けても大変キビしい事態になります。

というか、会館の楽屋口から入る段階で検温がありまして、お客様同様に我々も熱があったら「申し訳ありませんが、お帰り下さい」となります。
普通の風邪を引いてもダメな恐るべき2020年を、可能な限りの自己管理でもって乗り切っていきます。

さあ明日は名古屋だ! しっかり寝よう!

P1080586

P1080605

P1080597

P1080594

2_20200915232201

2020年9月11日 (金)

きっと記憶に残る日

客席にお客さんがいて、バンドで演奏する。
中学3年の文化祭で初めてそんな事をやって以来、長きに渡っていろんな形でそういうのを続けて来ました。
上手くいったりいかなかったり諸々ありましたが、それを「する事」自体はいつでも可能でした。
が、やってきた2020年・・・。

さて、僕にとっても、久しぶりのステージです。
準備はオッケー。
今回はパソコン込みのセッティングにしてみました。
でもなぜかソフトウェア音源は使わないっつう(笑)。

9月11日、厚木市文化会館。
どんな一日になるか全く未知数な、制約・制限だらけの公演。
それでもきっと、僕の心にもずっと残る日になると思っています。

#田原俊彦 #2020LoveParadise

P1080584

P1080585

P1080576

P1080350

2020年9月10日 (木)

フォトフォト日記・その3

写真1:
お酒に高いお金をかける事は全くない人生です。
そもそもアルコールには強くないほうです。
が、一年のうち362日くらい飲んでます。
依存しているとも言えます。
たまたま沢山は飲めない体質なのでセーフだっただけかも(笑)。

写真2:
498円の食虫植物と一緒に暮らす事に。
どんだけ虫とか捕まえてくれるのかと思ったら、人間が捕まえて与えてやらないといけないらしい?
イメージと違ってワイルドさがないです。

写真3&4:
だいぶ前に買ったキーボードを梱包していた段ボール、結構イケてる作りだなあとか思ってしまったせいで、いつまでも捨てられずに部屋のスペースを無意味に占有していました。
そう、僕は典型的な「捨てられない系」「断捨離とか全くやりたくない系」です。
かなり後ろ髪を引かれる思いで、でも邪魔だから結局捨てました。
さようなら、イケてる段ボール・・・。

P1080215

P1080201

P1080205

P1080206

2020年9月 9日 (水)

練習一回、本番一発勝負

カメラを担うっていうのは凄い仕事だなあとつくづく思いました。
特に今回みたいな、直しが利かない一発勝負モノでは。

その高いスキルを投入しても観る人を完全に納得させる事は難しいでしょう。
でも、決して途切れない集中力には敬意を表したいと僕は思いました。

それと、僕の単なる思い出写真も一緒にアップ(笑)。

P1080352

P1080356

P1080360

P1080354

P1080359

2020年9月 7日 (月)

ぶらり鉄道旅&再起動

写真は魅惑の「東武亀戸線」です。
地理的には近場なのですが今まで全く乗る機会がなく、っていうかこのままだと永遠に機会は訪れなさそうなので、珍しく能動的に行動してみました。

切符売り場の先に見えるホームが既にオーラを放っております。
列車が入線してくる絵面も良いですねえ~!
つづく・・・。

さて、音楽関連の色々止まっていた事もとりあえず動き始めました。
まずは脳と身体のリハビリ。
しかも作業用の新システム導入でWindowsとMacを当面両方使うという、若くない脳にはイバラの道を選択。
楽器もあれこれ触ってるけどギターがだいぶ疎かに。

やる事がいっぱいあるって大変だけど、幸せでもあります。
まずは自分を「再起動」。

P1080254

P1080258

P1080259

P1080266

P1080267

2020年9月 2日 (水)

トシちゃんの配信ライブと2020年夏物語

先週の土曜日は、トシちゃん初のナマ配信ライブ『TOSHIHIKO TAHARA DOUBLE ‘T’ TOUR 2020 Love Paradise ONLINE STUDIO 生 LIVE』でした。
とても濃い一日で、色々感じることが多くて書きたいことも満載なのですが、まだ見逃し配信もしておりますので終わったらゆっくりと振り返りたいと思います。

まあ、何よりもご覧になっていただいた方には全てが伝わった事と思います。
僕も何度か全編観ましたが、そう確信しています。

Photo_20200902202401

118443969_3192745150841674_5099457313689

そして、話は変わりますが、3か月前に試行錯誤の日々の中でココロネで撮った演奏映像をアップしました。
https://youtu.be/9zeVGsArbZM

楽器準備してカメラ回して、じゃあやってみるか、せーの、で久しぶりに出した3人の第一声のハーモニーは忘れられません。
よかったらぜひ観てみて下さい。
例によって「チャンネル登録」「グッドボタン」ポチっと頂けると幸せです。

それにしても、この日から3か月経っているのが信じられない。
自分への様々な問いかけを迫られる2020年です。
https://youtu.be/9zeVGsArbZ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »