フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 日本の仕組みの勘定に入ってない自分 | トップページ | 一人だけど一人ではない »

2020年4月12日 (日)

2020年の桜・その2

なんだかんだやってるうちに、ちょっとタイミングを逸した感もある「毎年恒例・ご近所の桜写真シリーズ2020」の第二弾。
でもせっかく撮ったんだし、一部友人からの絶大なるリクエストもあるのでアップします。

まさしく満開のタイミングの日、少なくとも東京の空気は「桜とか呑気に見上げてるヤツはもはや情弱」くらいの勢いになってると感じていた僕(・・・いや、そこまでは思ってなかったかな)は、自室からカメラの望遠をかければ川沿いの桜を結構撮れる事を発見。
1枚目でかなりズーム、2枚目はさらに超ズーム。
すると、写真としてはむしろ桜は遠くから望遠で撮ったほうがインスタ映えなのでは、と気づきました。
本当にそうなのか検証してみたくなり、何となくコソコソと並木道まで行き何となく周囲を見回して誰もいないのを確認し(よし、ソーシャル・ディスタンスは完璧!)普通の目線でも撮ってみました。
それが3枚目。

結果、仮説は合っていたような気がするのですが、どうでしょう?
そしてこの数日後には桜は散り始めますが、クライマックスは実はそっちにあったのです。
・・・第三弾につづく。

P1070227

P1070230

P1070391

« 日本の仕組みの勘定に入ってない自分 | トップページ | 一人だけど一人ではない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の仕組みの勘定に入ってない自分 | トップページ | 一人だけど一人ではない »