フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« ロマンチック・ザ・東京 | トップページ | ふるさとは、×遠きに 〇かなり近きにありて »

2020年1月28日 (火)

目白と目黒の違いもよく分かってなかったあの頃

まだ続いてる「先月を振り返るシリーズ」ですが。

とても久しぶりにJR山手線の目白駅で降りて、知人が出演する吹奏楽のコンサートを鑑賞。
着いてみたら想定以上に長蛇の列、超満員でした。
よく考えられた演目構成で、とても楽しめました。
打楽器陣営の細かな助け合いの段取りについつい目が行きます、実に面白い。

目白界隈はあまり縁がないのですが、初めて行った時の事は結構覚えてます。
高校1年の最初の頃、クラスメートのカズオが近年まで住んでいたという目白の家の近くに用があるというので、なぜか友人数人で連れ立って電車に乗って行ったのです。
R太郎が喫茶店で「抹茶クリームあんみつ!」とオーダーしたのもよく覚えています。
そんな食べ物があると初めてその時に知った僕でした。
ナカジマとイチカワも一緒だったような気がする。
カズオは「ここが田中角栄邸で」とかプチ観光案内をしてくれました。
その後、青山学院大学の脇の通りにあった「ボートハウス」という店のトレーナーを誰かが買いたいと言って、それにも付いて行きました。
なぜにソレがそんなに高いのに人気があるのかが全く理解出来なかった僕でした。

・・・滅多に行かない場所を久しぶりに訪れると景色がトリガーになって、色んな事が思い出されて楽しいです。

P1050452

P1050453

P1050433

P1050434

P1050446

« ロマンチック・ザ・東京 | トップページ | ふるさとは、×遠きに 〇かなり近きにありて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロマンチック・ザ・東京 | トップページ | ふるさとは、×遠きに 〇かなり近きにありて »