フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 目白と目黒の違いもよく分かってなかったあの頃 | トップページ | 15分で勝負する »

2020年1月30日 (木)

ふるさとは、×遠きに 〇かなり近きにありて

お正月など年に数回行くだけになった、僕が5歳から18歳まで過ごした家。
千葉県松戸市、その中でも柏市との境にほど近い、少し高台にあって南西方向はかなり遠くまで見通せる場所。

盗んだバイクで走り出したりはしないけれど真面目に勉学というような事も全くしていなかったあの頃、夕暮れ時に高圧線の鉄塔をぼんやりと眺めながら、自分はここからどこに向かって離れていけばいいのかを漠然と考えていた事を思い出します。
今も思いますが、ふるさとと呼ぶには近すぎて、雑踏の息苦しさを感じるほど都会でもなければ、自然の息吹をダイレクトに感じられるほど田舎でもない、なんとも微妙な所です。
だから、当時の僕にとっても「離れていく、という具体的なイメージ」を持つには、そこで過ぎていく時間は実に色々と微妙で、モヤモヤとした焦燥感を抱えていた気がする・・・。

さて月日はかなり流れまして。
今年は、新調した望遠に強い3万円のコンパクトデジタルカメラの実力を確認するのにうってつけなシチュエーションだなと思い、色々と撮影。
肉眼だとかなり集中しないと気づかないほど遥か彼方に見える東京スカイツリー、さらにもっともっと遠くの富士山(100キロくらいは離れている)、明るいうちから出ている月、などを広角と手持ち望遠の両方で。
うん、やっぱりなかなかのもんだ!

ついでに、陽当たりの良さが気に入ったらしい、日中限定で庭に居座っている猫様も被写体になってもらいました。

P1060145

P1060150

P1060154

P1060155

P1060165

P1060153

P1060156

« 目白と目黒の違いもよく分かってなかったあの頃 | トップページ | 15分で勝負する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目白と目黒の違いもよく分かってなかったあの頃 | トップページ | 15分で勝負する »