フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

屈指の楽しい時間

明日も今日と全く同じように過ごしたい、と思うほど楽しい日というのはたまにしかありませんが、昨夜はそんな時間を過ごしました。

さて、もうすぐ2019年も終わり。
皆様、良いお年を~!

P1050791

P1050747

P1050750

P1050788

P1050757

P1050752_20200101023501

80742825_2645507738865622_77666203624307

81086845_2645507622198967_34643403262635

81740210_2645507685532294_90694676390587

 

2019年12月29日 (日)

歳末ハーモニー大会・コレを聴かずして2019年は

そして本日12月29日(日)、僕の2019年ステージ納めになります、Cocolo'neライブ!
代官山ノマドにて、トリを務めさせて頂きます。

永遠のミニスカ・ヴァイオリン、そして心に染み入るファニーボイス、世界の水谷美月。
来年は何か凄い事をやらかすと豪語する、笛を小脇に抱えた打楽器奏者、変声期がちゃんと来なかった令和のボーイソプラノ、鈴木豪志。
時に鍵盤奏者、録音技師、ニヒルな作曲家、広島カープ歌手、魂のギター弾き語り、その実態は人間ジュークボックス、塙一郎。

の3名で、僕がこのささやかな生涯を賭けて追及するハーモニーをお届けします。
よろしかったらぜひ、お越し下さい。

『mystical singersの調べvol.40』
12月29日 (日曜日)@代官山NOMAD
前売3,000+1D / 当日3,300+1D
18:00 OPEN 18:30 START

【出演】
きしのりこ

瀬戸香好美
Cocolo'ne

【整理券について】
当日はかなり寒いかと思いますので、17:45に抽選(シャッフル形式)で配布いたしますので、ご希望の方は17:45までにNOMAD下の入り口にお越しくださいませ。
それ以降は入り口に置いた整理券を先着順でお取り頂きます。
よろしくお願いします!

Img_1656

2019年12月28日 (土)

年末に魅せるキラキラオーラ

というわけで本日!
ミュージカルスター・泉見洋平さんの今年最後のライブです。

我々フィクションズも全員仲良く参加致します、付き合いが長いだけで別に仲良しでもないのですが(笑)。
だがしかし! 音楽はビシッと決まってる所をお見せしましょう!

写真の1枚目は洋平プロジェクトにしては何か色々と妙な部分があって、年の瀬だなあと感じます。

『泉見洋平LIVE2019-YOHEI FETIVAL-』
日程:2019年12月28日(土)
時間:18:30開場/19:30開演
会場:六本木C*LAPS (東京都港区六本木3-16-33青葉六本木ビルB1F)
【MAP】
http://c-laps.jp/access/
出演:#泉見洋平
演奏:#FICTIONS(塙一郎・川越好博・鈴木豪志・鱸HIROYUKI・大久保輝幸)
前売¥6,000./当日¥7,000.
(全席指定/お食事&お飲物別/税込)
お問合せ&御予約:日本トラステック
【『泉見洋平LIVE2019-YOHEI FESTIVAL-』公演公式サイト】
http://c-laps.jp/events/191228_night_izumi-yohei/
TEL:03-5485-5771(受付:月~金/12:00~18:00)
TEL:03-6441-3171(公演当日10:00~)

80274745_896588814091354_420440473228804

81124024_592220344905474_177090239295546

P1050713

P1050716

P1050722

81230907_2352358005054744_20991373486325

69542287_712952522463700_744613535741168

2019年12月25日 (水)

ソロ歌手の強みの一つ、写真スペースが

Cocolo'ne 2019年最後のライブ情報。
我々だけがグループである都合上、写真が大変縦長になっております(笑)。
豪さんに至っては顔の上半分カットされてます(笑&笑)。

共演の女性歌手陣、バリバリに活動されている人気者たちなので、今回の会場はちと混み合いそうです。
席の指定を完全先着順にしてしまうと、寒い中で早くから並ばれる方がいるかも知れず大変なので、17時45分に整理券を抽選シャッフル、以降は先着で、というシステムになっております。
よろしくお願い致します。

『mystical singersの調べvol.40』

12月29日 (日曜日) @代官山NOMAD
前売3,000+1D / 当日3,300+1D
18:00 OPEN   18:30 START

【出演】
きしのりこ

瀬戸香好美
Cocolo'ne

【整理券について】
当日はかなり寒いかと思いますので、17:45に抽選(シャッフル形式)で配布いたしますので、ご希望の方は17:45までにNOMAD下の入り口にお越しくださいませ。よろしくお願いします!

↓ 写真はvol.38になってますが、vol.40が正解です。(NOMADさんのHPより拝借しました)

80316283_1211679752359515_38179171738299

2019年12月24日 (火)

ベリー・クリスマス

大阪の話を書き終わらないうちに、トシちゃんディナーショー恵比寿・ウェスティンの日が来てしまいました。

会場リハーサルを終えて楽屋に戻り、窓の外をぼーっと眺める夕暮れ時。
ふと、せっかくだから、ザ・クリスマスな感じの様子を写真に撮ってみるか、と、街角カメラマン魂にロウソクの火が灯りました。

・・・が、あまりに完膚なきまでのクリスマシーな雰囲気に、コレは男が一人でウロウロと歩き回るべきシチュエーションではなさすぎる、と思い知って静かに退却致しました。
と言いつつ、結構撮りました、街角カメラマン(笑)。

肝心なショーについては、明日もあるのでまた後日。

P1050652

P1050659

P1050691

P1050688

P1050678

P1050667

P1050677

P1050673

P1050681

P1050684

P1050663

P1050692

2019年12月22日 (日)

サンタが街にサキソフォンを持ってやってくる

門前仲町にいると例によってクリスマスムードは全く感じられませんが、しかるべき場所に行けば感じられるという事で、初めての鉄道路線も乗り継ぎつつの小さな旅。

たどり着いたのは、とてもアットホームでいい感じの空間。
いつもは隣で吹いているのを聴いている音が、なんだか新鮮。
あ、そうか、この日はソプラノサックス担当か!
しかも、あゆみサンタ、喋りも上手い〜!
そして、この夏に何度か一緒に演奏させて頂いた聡美ちゃんも、低音の魅力・バリトンサックスをブンブン言わせています。

4本のサックスのみでアレンジした色んな曲が演奏された、12月の昼下がり。
美しい音と想い出を、ありがとう。

P1050541

P1050547-2

P1050549-2

P1050554-2

P1050561

2019年12月21日 (土)

大阪・冬の陣2019 その2

で、地下鉄堺筋線に乗って二駅移動、
扇町駅で地上に出る。
すると大阪環状線の「天満駅」まで歩いてすぐ。
この一帯の風情が、さっきまでいたリバーサイドカフェテラスな感じとは違いすぎる意味でこれまた超フォトジェニック。
一見しただけで、独特のオーラを放つディープな飲み屋街であるのが分かる。

JR大阪環状線は東京でいうところの山手線。
大阪駅の位置づけが東京駅だとすると、その隣にある天満は地理的には有楽町か。
しかし、関東育ちでその後長く大阪で暮らしている僕の弟曰く、天満界隈の感じはちょっと東京では似た場所が見当たらない、との事。
今回訪れたタイミングは昼間だったけど、夜のごった返した路地裏なんかは「日本じゃないどこか感」すら溢れているらしい。

たこ焼き10個250円、安い! 等々、ぐるっと見物してまわり、取り敢えず入ってみたお店のメニュー・・・。
ハイボール、夕方5時までは毎日39円!!
目を疑う。
だいたいからして、周囲には「昼から飲める」じゃなくて「朝から飲める店」と銘打っている立ち飲み屋も多し。
しかもすでに超満員。
これまた弟曰く「もしここの近所に住んでいたら、すぐさま廃人になれる自信がある」と。
近所じゃなくて、かろうじてセーフ!

・・・つづく。

P1050506

212

P1050504

Oshio_190501_0011

8c1558fa

2019年12月19日 (木)

大阪・冬の陣2019 その1

無事にトシちゃんディナーショーを終え、大阪の夜の街へ。

一同がフラりと入ったのは、鶏肉のクオリティに自信があり気な看板が出ていたお店でしたが、確かになかなかの味!
お酒はあまり強くない僕ですが、割と飲む。だいぶ飲む。
いろんな話題(かなり個人的な物も含む)で盛り上がりました。

終宴後に次なる場所へと移動する元気隊数名を除き、みんなで足元に気を付けながらホテルへ戻り、わーライトアップがインスタ映えだ~、と写真を撮りましたが、あとで見たら全く顔が分かりません。
酔っ払い達にはチェック能力はナシ(笑)。
こんなのでも、どれが誰だか全部分かる仲だから、まあいいか。

翌日は僕は一人移動。
京阪中之島線に乗って、なにわ橋駅で下車。
地上に出ると結構フォトジェニック。
川沿いの眺めはウチの近所の隅田川と似てるっちゃ似てるけど、より積極的に観光利用しようという試みが感じられます。
通りの奥には、アインシュタインも講演をした事があるという重要文化財の中央公会堂が見えます。
カッコいー。

難波橋を渡って北浜へ。
鎮座しているライオンが印象的です。
アップでよく見ると、結構怖い。
交差点の角には大阪取引所の建物が見えます。
東京でいう兜町みたいな地域でしょうか。

さて、北浜駅から地下鉄堺筋線に乗ります。
ほんの数駅移動すると、全く芸風の違う景色がそこには広がっていました。
・・・つづく。

P1050486

P1050488

P1050494

P1050492

P1050500

P1050502

P1050496

2019年12月17日 (火)

枕の誘惑

そして大阪、トシちゃんディナーショーのスタンバイ。

毎年の事ですが、このタイミングで部屋でくつろぎ過ぎないように注意しています。

79255707_2565679716881557_49149541960688

80375589_2565679750214887_20535552687420

2019年12月15日 (日)

お客様からの絶対的信頼感

Cocolo'ne LIVE at 溝口Fu-Ku 大盛況!
とても素晴らしいお店、そして素敵なお客様たちでした。

Fu-Kuは「沖縄料理」と銘打っているけれど、和食洋食中華アジアン、あらゆるタイプの料理に必ず何かしらの工夫が施されて出てきて、それらがいちいち美味い。
近隣の方、溝口に行かれたり通ったりする機会がある方、僕は全力でお勧め致します。
お土産のお菓子までクオリティ高し!
飲食店多数あれど、これほどお客さんから信頼される料理を常に作れるのは凄い。
分野は違えど、僕も見習わなければと思いました。

終演後、まあまあ良い時間になったので帰られた方たちもいらっしゃいましたが、最後まで残られていた皆様と記念撮影。
想い出深き一夜になりました。
初めてご覧になられた方、以後もよろしくお見知りおきを。
次は12/29代官山ノマドにて!

今回のセットリストのメモ、怒涛の全30曲!
メチャクチャ盛り上がって頂きました!

American Wake
カントリーロード

男たちのメロディ
Love Love Love
Lemon
You Might Think
デイドリーム・ビリーバー
ダンシング・クイーン
きよしこの夜
サンタが街にやってくる
WAR IS OVER
LOVEマシーン

ペッパー警部
グリーンスリーブス
白い色は恋人の色
氷の世界
襟裳岬
恋の季節(豪さんが飛ばし、演奏未遂)
恋のダイヤル6700
翼をください
芭蕉布
安里屋ゆんた
与作
風になりたい
Train-Train

おばけの森
もみじの丘
ふるさと
アメイジンググレース

次回ライブ:
12月29日(日)代官山NOMADO
mystical singers の調べ vol.40
共演 きしのりこ / 繭 / 瀬戸香好美
OPEN18:00 START18:30
前売り3000 / 当日3300(+1drink)
http://www.daikanyama-nomad.com/

S__27689037

S__27689040

Cocolone-fuku-2019

S__27689049

79289847_2950420661636974_14279013611895

79007964_1201356956725128_75803684356248

P1050417

P1050418

78983233_1201356990058458_31759218606090

2019年12月12日 (木)

良いステージになる、と最初の1音で分かる日がある

慌ただしくも充実の一日。

Cocolo'neのリハーサルでスタジオに集まりましたが、豪さんは前に仕事が入っていて少し遅れるというので、僕はここぞとばかりに最近お気に入りの新機材を持参しました。
アコースティック系のアンサンブルと実に相性の良いリズムマシン「BOSS DR01-s」です。
ローランドは良い所に目を付けた製品を作るなあ。
しかし本格的に活躍させる前に豪さん到着。
まあそのうちライブでも使ってみようと思います。
でもって、3人で得意の超高速な打ち合わせ&練習。

終了後に車に楽器積んで、急遽依頼された某パーティでの演奏に向かった我々。
ここでも超高速にセッティング&サウンドチェックをして、すぐさまオンステージ。
こういうシチュエーションに実に強いぞ、Cocolo'ne!
大喝采を頂き、CDもDVDもたくさんお買い上げ頂きました、とても幸せ。
次は14日(土)溝口Fu-Kuでのライブだ、頑張ろうぜ!
・・・という余韻も消えぬうちに美月さんは番組生出演のためにスカイツリー方面へと飛んでいきました。
タフだなあ。

スカイツリーといえば、そっち方向から隅田川下流に向けての夜景写真がなんか凄いです。
手前から清洲橋・隅田川大橋・永代橋、が架かっている川の左側が僕の住む江東区の清澄から門前仲町界隈。は普通ですが、写真奥の中央区から湾岸方面は完全に「銀河鉄道999の機械の人たちが住む街」状態に見えます。

Cocolo'ne HP

P1050379

S__27648023-2

Img_1678

2019年12月11日 (水)

バンド活動のススメ&確かな工芸技術

トシちゃん通しリハーサルの日、始まりはまだ譜面の壁。
他のみんなもまだ同様。
山ちゃん、どうやって叩きながらめくってるんだ?

そして写真のアングルを考えてあーだこーだといろんな体勢で撮っていたら、江口さんに
「一郎、完全に盗撮マニアみたいな動きになってるな」
と指摘されました(笑)。

とか何とかやりつつも、みんなで何度か流れで演奏しているうちに、譜面を退場させる事が出来ました。
周りの人が出す音が脳に何かの刺激を与えて情報をインプットしてくれるのだと気づきました。
ボケ防止には、バンドをやる事を広くお勧めします。マジで。

ところでノマちゃんが何やら新アイテムを持ち込んできました。
エレクトリック・アップライト・ベースです。
よく見るとブリッジあたりにビーズのような物を多数使った手の込んだ細工が施されています。
自分でやったのだそうです、凄い!
実にノマちゃんらしい感じ。

P1050364

P1050375

P1050374

P1050366

P1050370

2019年12月 9日 (月)

ふっ・・・とした瞬間の幸せ

ちょっと僕には弾くのが難しい、でもカッコいいなあと思うフレーズがあって、しかし弾ける気がしない・・・。と感じていた箇所を、一念発起してひたすら練習してみたら、なんかイケるような気がしてきました。
この期に及んでも、まだまだ進歩できるんだなあと、ちょっと嬉しい気分。
明日になったらまた弾けなくなってたりするんだけど(笑)。

あと、お気に入りの近所散歩コースその3・お隣の中央区方面へ編。
その2とその1は、まあまた近々。

P1040950

P1050116effects

P1050154

P1050155

P1050149

P1050158

P1050160

2019年12月 8日 (日)

巡る・・・巡る季節の中で

1&3枚目が今年。
2&4枚目が去年。
Cocolo'ne 大学内レコーディングの日の記録。

同じお店で鯛焼きを買い、同じようにバスを待つ間に食べました。
僕は同じような服装で(微妙に違うんだけど、結局ユニクロ)スタジオに入り、同じように一人でコッソリとディナーショーの練習をしている所を、同じように美月さんに写真に撮られました。

・・・というような組み合わせが、僕のハードディスク内の膨大な写真の中に結構ある、つう事に気づきまして。
ふと「間違え探し系のネタ」を何か作れないかなあ~? と思ったりもします。
ほぼ自分が楽しむ用ですが(笑)。

ある年から急に体型とか変わったりするのかなあ・・・。

P1050214

Img_0586

P1050188

Img_0582

2019年12月 7日 (土)

収納しないで壁面

沖縄三線だの、ウクレレだの、とにかく何でもすぐ手が届く位置で壁に掛けておけば、なんとなく触る機会が増えるであろう・・・。
で、なし崩し的に、いつの間にやら上手くなってたらラッキー!
という展開をヌルく夢に見て、壁掛けフックを沢山アマゾンで買って取り付けたところまでは来ました。

78191323_2542257822557080_77666960955890

2019年12月 6日 (金)

イメージ

出来る事ならば、音楽やバンドの話とか、なるべく楽しい面白い幸せな話題だけ書き込んでいたい僕のインターネットに対するポリシーですが、時々どうしてもそれだけでは済ませられない事も・・・。
中村さんの見
解、僕たちはしっかりと最後まで読むべきだと思います。

もちろん僕自身も含めて、ですが、後ろのほうでゴタクを並べているのは所詮は「ガヤ」ですね。
実際に身体を張っ
た人の言葉はリアリティが全く違う。
「憲法9条にしがみ
ついていれば日本の平和は守れるのか?」と言った、それなりに説得力があり気な意見が多く見られる現在ですが、人間というのは相当に「イメージ」に左右される生き物だ、という現実も踏まえた、響いてくる言葉の数々。

https://www.kanaloco.jp/article/entry-48135.html
↑ ↑ ↑ をぜひクリック!
集団的自衛権を考える(12)「9条のイメージに助けられている」
アフガン支援の医師・中村哲さん

79370299_2539892659460263_16700584678108

2019年12月 5日 (木)

どん底から這い上がるか、もしくは数歩下がる

日々の雑感・その1、近所の銀杏の色が良い感じ。
紅葉とかと比べると、割と長い期間に渡ってこの魅力的なカラーリングは楽しめる印象。

雑感・その2、録音技師の満田氏が持ち込んで来た機材の諸々に興味津々の僕。
本職の方の機材セレクションはやっぱり目の付け所がひと味違う。

雑感その3、我が町は門前仲町という名称を「もんなか」と略されて呼ばれる事が多いが、それをイージーにひっくり返した『なかもん』という名のゆるキャラが存在している事を先日初めて知った。
誰だお前! 認知度低いだろ~? と思いつつ一応手を振ってあげたら、嬉しそうに(多分)手を振り返してくれた。
さっそく調べてみたところ

ゆるキャラグランプリ公式サイト

今年の人気ランキングで、427キャラがエントリーされている中での423位!
・・・まあ、頑張れ、なかもん。
どうせならもういくつか順位を下げたほうが話題になる可能性が増すかもだけれど。

P1050341_20191205121001

P1050233-2

P1050318

2019年12月 3日 (火)

全曲知ってる人も世の中には沢山いるらしいけど

そして、トシちゃん冬のメニューに突入。

取り敢えず譜面がとても長くて、コレって全部で何百小節あるのやら、譜面台をいくつか並べても乗り切らないっす!
かなりの情
報量だけど、全部覚えるのかっ、俺? 出来るのかっ?
甚だ自信がないのですが、いつもなぜか最終的にはどうにかなるのが自分でも不思議です。

ところで、先日ふと気になって、僕がトシちゃんバンドに参加してからの10数年で、何曲くらいのレパートリーをやったのかなあと数えてみたら、140曲近くになってました(驚)。
江口さん達はさらに
10年長くやってるので、さらにもっともっと多くの曲をやってます。
にも関わらず、バンドで一度もやった事がな
い曲がまだまだ山ほどあって、全くをもって凄いっす。

Img_1689

2019年12月 1日 (日)

大人レンズとANA

羽田空港にて。

席の位置を確認するために取り出した、マイ眼鏡及びメガネケース。
ふと視線を手元から上げてみたら、目の前で待機している航空機がチャネリングしててビックリした記念! の写真。

P1040629

P1040630

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »