フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« メダリスト | トップページ | 喋りが長いの好きですが、想定を超えてくる »

2019年10月18日 (金)

いつもとちょっと違う観客の視線

3年連続で神奈川工科大学にてレコーディング。昔お世話になった録音エンジニア・満田氏が大学で担当されている講義の一環のプログラムで、我々Cocolo'neの演奏を録っていく過程を満田氏が生徒の皆さんにとても分かりやすく説明していきます。

今回は、イングランドの古い歌「グリーンスリーヴス」をやってみました。最近ライブで数回演奏したアレンジを基に、新パートなどを加えて大幅リニューアル。

初日はベーシックリズムトラックと仮ヴォーカル、仮ヴァイオリン、仮コーラスまで録りまして、来月以降に楽器ダビングの日と最終形ヴォーカル類を録ってラフミックスを作るところまでやる予定が組まれています。

大勢の生徒さんからのガン見視線(笑)の中で演奏するのにも慣れてきました。バンド内であーだこーだとやり取りしながら進めていく様子も臨場感満点に見て頂けたと思います。僕が間奏部分のベースのアレンジをかなり難しくしてしまったので、ボビーが泣きそうになりながらも何とか完遂した姿も、録音現場のリアリティとして良かったと思います。次回もまたよろしくお願い致します。

Img_1545

Img_1532

Img_1531

Img_1541

Img_1536

Img_1527

Img_1529

Img_1535

Img_1538

 

« メダリスト | トップページ | 喋りが長いの好きですが、想定を超えてくる »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メダリスト | トップページ | 喋りが長いの好きですが、想定を超えてくる »