フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 福岡へ、その後は気持ちだけは沖縄へ | トップページ | 年に一度で、4回目 »

2018年9月16日 (日)

背中で語る

田原俊彦 DOUBLE“T”TOUR 2018 in 福岡国際会議場メインホール。
往きも帰りも羽田空港は雨でしたが、福岡では(例によって)ほとんど降られず。
本番前の間に少し余裕があったので、リハーサルの合間にあちこち撮影。
コンサートをカッチョ良く演出するための職人ツートップ・コ&ミの目線から見たステージの絵。
僕も過去に少しだけ、遥かに規模は小さいですが音響系の仕事をやった事がありまして、この方たちのスキルの高さがどれほどの物なのかは重々実感しております。
頼もしい〜!

ところで、日本でも屈指の美味な街・福岡は今回も期待を裏切りませんでした。
ゴマ鯖だのアナゴの刺身だの、色々。
ありがとう、愛してます。

Img_20180914_142753
Img_20180914_142850
Img_20180914_221307
Img_20180914_100843

« 福岡へ、その後は気持ちだけは沖縄へ | トップページ | 年に一度で、4回目 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/74217831

この記事へのトラックバック一覧です: 背中で語る:

« 福岡へ、その後は気持ちだけは沖縄へ | トップページ | 年に一度で、4回目 »