フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月17日 (火)

つばさを広げ 7/25(水)ココロネ池袋

暑い夏の最中、籠って制作三昧の日々な僕ですが、気づけば来週水曜のCocolo'ne池袋公演が近づいてまいりました。
先日スペシャルグッズも完成、その出来映えに大好評を頂きました。
お時間合う方、ぜひご来場を!

7月25日(水)Cocolo'ne・ワンマンライブ
歌&ヴァイオリン:水谷美月 歌&打楽器:鈴木豪志 歌&ギター:塙一郎
池袋 FREE FLOW RANCH
豊島区西池袋3-29-3梅本ビルB1(丸井の裏)
03-5952-6599
http://www.freeflowranch.com/map.html
開演20:30 チャージ:なし(投げ銭制)
※お店にお電話で予約頂けると確実です

前回の溝口Fu-kuでも新ネタにチャレンジ、ゲストで参加してくれたベースのソウルマンさんの活躍もあって満員御礼大喝采のうちにめでたく終了致しました。
追憶のセットリストは以下な感じ。
さて今回はどうしましょうか。
自由な音楽の「つばさを広げて」みましょう。

【6月30日・溝口Fu-ku公演の記録】

◆第1部◆
カントリー・ロード
異邦人
ビューティフル・サンデー
白い色は恋人の色
チェルシーの歌
青い珊瑚礁
渚のシンドバット
浜辺の歌
桃色吐息
個人授業
与作
Scarborough Fair
おばけの森

◆第2部◆
Blowin' in the Wind
American Wake
ダンシング・クイーン
黄昏のビギン
芭蕉布
安里屋ユンタ
ゆうぐれ
傷だらけのローラ
もみじの丘
TRAIN-TRAIN

◆アンコール◆
ルパン三世のテーマ
タッチ
ギザギザハートの子守唄
ふるさと
アメイジング・グレース

33985664_1563685250403670_411529252
Img_20180630_214645

2018年7月 8日 (日)

♪ 海よ〜、俺の海よ〜(加山さん)

そして、本当に船の上で演奏。なかなか斬新なステージ環境です。
何をするにもいちいち足を踏ん張らないと揺れに対抗出来ません。
人生、何事も経験だ!

さあ、この後は夜の部の演奏。
ヨコハマの夜景はロマンチックさを増して来ましたが、潮風で飛ばされそうな譜面の監視で目が離せすそれどころではありません。。。。

36715192_1705377382911799_191897793

夏の日差しの下、秋風先生

最速で梅雨明けしたと言うので、すかさず海に出かけてインスタ映えを狙ってみましたが、やや秋風羽織先生が入ってしまいました。
「半分青い」見てない人には分かりにくいネタですが。
するとその後、今週は天候不良。
今夜は木内秀信ライブで演奏なのですが、横浜港集合との事。まさかこの状況で船に・・・?
さあ、どうなる事やら。
加齢ですっかり三半規管が弱った僕のために、ダイバー御用達という酔い止めを用意してくれているらしく、やはり、船に・・・?
続報はのちほど。

Img_20180701_155827

« 2018年6月 | トップページ