フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« いつもとかなり変えてみる | トップページ | 台湾についてもそんなには知らないけれど »

2018年5月13日 (日)

マケドニアについて知らなすぎるので

Marquee Marblish BAND at フリーフロー、満席大盛況!
ご来場頂いた皆々様、ありがとうございました。
遥々遠方から来て下さった方、そして外国からいらっしゃった方も!
「どちらのお国で?」
「マケドニア〜!」
「お、それはあれですね、ナッツが名物の・・・。ってそれはマカデミアン・ナッツか(←豪リーダーの渾身のボケ)」
というような場面もありつつ。

そして今回はドラムセットがあるステージにも関わらず敢えて使わない、そのぶん豪リーダーは若かりし頃にクジ引きで負けたせいで叶わなかったギタリストへの夢を果たさんと、ギター弾きまくったりする、というかなりレアな構成のライブでした。
24年間に渡って染み込みまくっている各楽器間の阿吽の呼吸が変わって別アレンジになった事で、新鮮な部分もあり、おっかなびっくりな部分もあり。
でも4人のヴォーカルハーモニーや歌詞の細かな機微を聴いて頂ける点においては有効だったかと思います。
メニューも、新曲やとても久しぶりの曲も盛り込んで、楽しく盛り上がりました。

01 This Boy
02 東へ向かえ
03 凧の唄
04 Time Flies
05 鉄人とハーモニカ
06 君への歌
07 あじさい咲けば
08 Happy Birthday かすみ
09 ふくれっつらのバラード
10 Illusion
11 なあ、行こう
12 鐘の鳴る丘
13 赤とんぼを追いかけて
14 短冊、花しぐれ
15 太陽もかなわない
16 マーマーバンドのレビュー
17 Dear Friend

32313606_1776443022422714_579442876
32294169_1776443415756008_594595978
32457846_1776442459089437_550173492
マケドニア、名前の響きくらいしか知らなかったので、この機会に後から調べてみました。
ギリシャの一部である地域、ブルガリアの一部である地域、ユーゴスラビアから独立したマケドニア共和国、の3つを合わせて「マケドニア」と呼ぶのだそうですね。
国同士が地続きだと事情が複雑な事になっている場所がたくさんあります・・・。

« いつもとかなり変えてみる | トップページ | 台湾についてもそんなには知らないけれど »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/73481139

この記事へのトラックバック一覧です: マケドニアについて知らなすぎるので:

« いつもとかなり変えてみる | トップページ | 台湾についてもそんなには知らないけれど »