フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 野田の七夕、今年は土砂降りも酷暑も台風も避けられそう | トップページ | ふと思い出した、優しい歌 »

2017年8月 6日 (日)

音が良いというのは、簡単な事ではない

野田の七夕ライブ会場、ごとやんと豪くんと寺本さんのお祭りスペシャルのトリオバンド。
この蒸し暑いのにヅラとか、芸に対する飽くなきこだわりが凄い。
っていうかこのバンド、めちゃくちゃ出音が良くてちょっとビビる。
今まで散々いろんな演奏をこの会場で聴いて来たけど、圧倒的な良さでした。

気心知れまくってる3人のバランスの妙、そしてごとやんの「人生で初めてやったかも」というエレキギターを弾きながらのヴォーカル。
僕は自分の師匠がストラトキャスター使いだった事もあって、ストラトの音にはちょっとウルサい(自分が良い音出せるかどうかは棚に上げつつ・・・笑)のですが、ごとやんのストラトの操り方は素晴らしかったです。
割と会場の皆様、普通な感じで聴いてますが「え? ちょっとちょっと! コレすっごい良い音のバンドじゃん?」と言って回りたいくらいの感じでした。

さてその後はベリーダンスのチームが炸裂。
やっぱり「動き」が入って来ると、お祭り的には俄然盛り上がり感が出てきますね。
うーん、この後にトリが我々かあ・・・。
チャオは見るからに酔っぱらっているし、ステージ内容についての打ち合せや進行に対する段取り相談もほとんど誰もやる気ないけど、まあなんとかなるか?

メインストリートのほうでは、盆踊りの行列が練り歩いていきます。
通り沿いに設置されたスピーカーからは「爆音」と言って良いレベルの盆踊りミュージックが轟き渡っています。
ベリーダンスの音楽とコラボされて、意外とサウンドとして解け合って聴こえてきます。
うーむ、野田のお祭り、恐るべし。

さてそろそろ僕たちの出番のようです。 ・・・つづく

Dsc06044
Dsc06053
Dsc06056

« 野田の七夕、今年は土砂降りも酷暑も台風も避けられそう | トップページ | ふと思い出した、優しい歌 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/71346670

この記事へのトラックバック一覧です: 音が良いというのは、簡単な事ではない:

« 野田の七夕、今年は土砂降りも酷暑も台風も避けられそう | トップページ | ふと思い出した、優しい歌 »