フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 旅の始まりは「海産物列車」 | トップページ | 虫なだけに »

2017年7月31日 (月)

歌のような、絵のような

「勝手に語る夏休み日記・その2」

でもって最後尾車両に移動してみたところ、運転室が低い位置に設計されていて、客席がまるで劇場か映画館のように段差がつけられていました。
これまた斬新なナイスアイディア。
見晴らし最高です。

さて、熱海を出発、車窓いっぱいに広がる海がバカンス気分を盛り上げてくれます。
豪華客船も見えて来ましたが、今回は乗りません。
いつ乗るんだろう?(笑)

各駅停車の「リゾート21」なので、1時間半ほどかけて終点の伊豆急下田駅に到着。
僕は「宇宙で一番好きな場所は自分の部屋」っつうタイプの人間(ホーム大好きアウェイ苦手)なのですが、今まで行った事のある中でほんの数カ所だけ「ここに居着いてみたいかも」と感じた場所があります。
そのうちの一つがここ、下田です。
良いなと思う理由を挙げるとたくさんあるのですが、自分の中での他の場所との決定的な違いは正直よく分かりません。
なんなんだろうなあ、この感じ・・・。

さて、そんなにも好きな下田ですが、なんと今回はここをスルーします(!)。
駅前でレンタカーを借りて、南伊豆町に向かって県道119号線というマニアックな道を走行。
この道中の眺めが唱歌「ふるさと」をまんま思い起こさせるような、まるで絵のような景色でした。
僕自身は両親共に江戸っ子で親戚もみんな東京界隈なので、それは全くの「概念としての」ふるさと、なのですが。

すっかり見入ってしまい、ウサギも小ブナもいそうなその界隈の写真を撮り忘れてしまいました。
やがて道はどんどん山深くなり、目的地が近づいてきました。
・・・つづく。

Dsc05807
Img_20170730_160647
Img_20170730_152144
Dsc05845

« 旅の始まりは「海産物列車」 | トップページ | 虫なだけに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/71294998

この記事へのトラックバック一覧です: 歌のような、絵のような:

« 旅の始まりは「海産物列車」 | トップページ | 虫なだけに »