フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« Ichirow's Stage Schedule Memo 2011〜2016 | トップページ | 東北からやって来た、おのくん »

2016年10月25日 (火)

圧巻な歌手と遭遇 及び 日本シリーズ始まる

TRY&kyatマンスリーライブ企画に参加してきました。
毎月共演者を変えながらずっと続けるのって大変だと思いますが、それを既に1年。
継続は力なり、ですね。
今回は並木のり子バンドと、kyatのラスト2曲に入らせてもらってギター弾いて来ました。
ここしばらく不調だった耳管(耳と鼻を繋いでいる管)がなんとか復活してくれて耳の聴こえのストレスが消え、楽しく演奏する事が出来ました。

いやあしかし、初めて観た星乃馨さんの歌、圧巻でしたね。
チェロのまつこさんとデュオでのアンサンブルも魅力的。
リハーサルでの一発目の音出しから引き込まれてしまいました。
またぜひ、一緒にやらせて頂きたいです。
ていうか彼女のライブ観に行ってみよう。

さて、広島カープオフィシャル歌手の僕としては、やはり日本シリーズです(以下、プロ野球に興味ない人にはどうでもいい話題になります)。
第一戦はどっちに転ぶ可能性もあり得た面白い試合でした。
ポイントはいっぱいありましたが、負けたファイターズの立場に立ってみると一番キビしかったのはエルドレッドに食らったホームランな気がします。
あと、カープの投手陣が全員、とても肝が座っているように見えました。
心強すぎるあの球場の応援のおかげもあるのでしょうか。
そして大谷投手は、雨のマウンドの影響で威力と制球力が2割引きくらいになっていたかもしれません。
なので「今日は残念な大谷」みたいな言われようでしたが、6回までで自責点2の11奪三振(アウトのほぼ3分の2っす!)で、打者としてもフェンス直撃二塁打と激走内野安打で2安打。
これで残念がられるのですから、前代未聞のとんでもない選手です(ダブルスチールを決められた場面のサインプレー見落としは確かに痛かったけど)。
それよりも、中田選手・陽選手をノーヒットに押さえるなど、10安打されても1失点で凌いだカープ投手陣の粘り勝ちでしたね。
さて、第二戦ですが(長いので次回に続く・・・。ちなみに僕が始球式に呼ばれる予定はまだありません)。

14681719_1678223095828454_588750548

« Ichirow's Stage Schedule Memo 2011〜2016 | トップページ | 東北からやって来た、おのくん »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/68445968

この記事へのトラックバック一覧です: 圧巻な歌手と遭遇 及び 日本シリーズ始まる:

« Ichirow's Stage Schedule Memo 2011〜2016 | トップページ | 東北からやって来た、おのくん »