フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 圧巻な歌手と遭遇 及び 日本シリーズ始まる | トップページ | 秋のイナズマン »

2016年10月26日 (水)

東北からやって来た、おのくん

先週末、チャオと二人で「名もない絆」という震災復興チャリティーイベントに参加して歌って来ました。
作曲家の尾飛良幸さんが「とにかく10年続ける」という目標を持って主催してきた活動だそうです。
http://namonaikizuna.net/
今回、縁あって誘って頂きましたが、当日はなかなか多彩な出演者陣。
その中で最も若いシンガーは17才の女性。
一生懸命歌う姿と現代の空気を自然に運んで来るその感じに、僕は内心かなりの刺激を受けました。
あと、宮城県東松島市からやってきた「おのくん」という人形が気に入ったので買わせて頂きました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_9269.html
決め台詞は「めんどくしぇ!」だって(笑)。
完全ハンドメイド、二つと同じ物はないそうです。

さて、日本シリーズですが、黒田投手はナイスピッチングでしたね〜!
あの140キロ台後半のツーシーム!
スライダーのコントロールも!
勝ち星が付かなかったけど、そこもまた黒田っぽい(笑)。
大谷くんは相変わらず漫画のような活躍。
もう「打者でメジャーに行って3割打ちつつ、セットアッパーとかで時々マウンドにも立って三振奪いまくる」なんつう、メジャー史上でも誰も見た事のないような活躍をしている絵を想像しちゃいますね。
今年は本当に楽しい日本シリーズです。

Dsc02474
14717305_787082744767641_4171049397

« 圧巻な歌手と遭遇 及び 日本シリーズ始まる | トップページ | 秋のイナズマン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/68385634

この記事へのトラックバック一覧です: 東北からやって来た、おのくん:

« 圧巻な歌手と遭遇 及び 日本シリーズ始まる | トップページ | 秋のイナズマン »