フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« cocolo'ne & アルコウ at 京王よみうりランド | トップページ | マーマーバンド 広島へ、そして大阪へ »

2016年2月 9日 (火)

レア感の押しつけ(笑)・33年ぶり

マーマーバンド大阪公演(at コーラルベイ)の中のチョビっと企画、大阪在住の弟と二人でやる、名前もそのまんまの「ハナワブラザース」という余興について説明致しましょう。
僕が中学生、弟が小学生の時に、二人でジャカジャカフォークギター鳴らして適当にハモって遊んでいたのが僕の音楽人生のそもそもの始まり。
ちなみに弟は全く音楽人生は始めませんでした。
以来数十年、時折身内の集まりなどでお座敷芸をかます程度だった「ハナワブラザース」ですが、実は数年前に一度だけ二人のヴォーカルで録音物を割とマジに作った事があります。
それがこの「夢の実現」。
星出彰彦宇宙飛行士の二度目の宇宙ステーション滞在に合わせて作られた曲です。
気になった方は聴いてみて下さい。
ちなみに今回の余興の内容はこれとは全く異なります(笑)。


弟・裕介 談〔ハナワブラザーズって何だ!?〕

音楽ライブイベント「古今東西まぜこぜNIGHT」にて、超チープな余興を披露することをすでに公表している「ハナワブラザース」ですが、いったい何者??文字どおり僕と兄、塙兄弟のことです。
この兄弟ユニットの歴史を語ると、「僕が物心ついたか、ついてないか・・」の頃までさかのぼる長~い話になるんで、そこは大幅にカット!!
とりあえず、唯一「録音物」として存在する曲が一曲だけあるので、もし興味があれば聴いてみてください。
ちなみに今回、「兄弟」として公の場に立って一芸(?)を披露するのは、僕が14歳、兄が17歳だったとき以来。実に33年ぶり!
https://www.youtube.com/watch?v=PsApLYsBV3M

« cocolo'ne & アルコウ at 京王よみうりランド | トップページ | マーマーバンド 広島へ、そして大阪へ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/71124365

この記事へのトラックバック一覧です: レア感の押しつけ(笑)・33年ぶり:

« cocolo'ne & アルコウ at 京王よみうりランド | トップページ | マーマーバンド 広島へ、そして大阪へ »