フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 田原俊彦ツアー2015・最終日 | トップページ | 勝手に冬ソニ »

2015年11月11日 (水)

98LineのオシャンティーなJKがサブバを持って

先日のcocolo'neライブでちょっと紹介したネタ(手法としては昔からある、組み合わせ系)なのですが。
僕としましては、何言ってるか分からない箇所も多少はありますが、全体的にかなりこの可笑しさに付いて行けている自分に対して意外な驚き。

JK用語で「鶴の恩返し」を読んでみた
MACHIKADO-CREATIVE.JP|作成: 街角のクリエイティブ

「98LineのオシャンティーなJKがサブバを持って」

 ↓

「1998年4月〜1999年3月生まれの学年のお洒落な女子高生が補助鞄を持って」
・・・なるほど! 勉強になりました。


むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがジモメンと割と本気で暮らしていました。
ある日、おじいさんは街でオケった帰り、ヤバタンなぽっちヅルを見つけました。
「ちょ・・ガチ?」
おじいさんはインスタとvineにガンなえした鶴の姿をアップしました。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが、同じ地元出身の仲間の人々と共にかなり真面目に暮らしていました。
ある日、おじいさんは街でカラオケを楽しんだ帰り道、妙な風情で独りぼっちでいる鶴を見つけました。
「これは・・・、本当か?」
おじいさんはインスタグラム(無料の画像共用アプリケーション)とヴァイン(6秒の動画を撮って共有出来るアプリケーション)に、ひどく気持ちが冷めた様子の鶴の姿をアップロードしました。


・・・僕の翻訳が完全に正しくニュアンスを捉えているかどうかは分かりませんが、だいたいこんな感じかと。この先は自力でどうぞ(笑)。

« 田原俊彦ツアー2015・最終日 | トップページ | 勝手に冬ソニ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/63201008

この記事へのトラックバック一覧です: 98LineのオシャンティーなJKがサブバを持って:

« 田原俊彦ツアー2015・最終日 | トップページ | 勝手に冬ソニ »