フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 戦後70年 | トップページ | この中にいる、と言えばまあ、いるのでしょうけれど »

2015年8月 1日 (土)

録音物 + 太鼓 = 盆踊り伴奏・・・?

先週、近所の公園で盆踊りやってたのでちょいと見物。
思った以上の賑わいで子供達も大勢参加。
下町のお祭りDNAは受け継がれていくようです。

ところで、僕が知っているいわゆる町の盆踊りっていうのは「スピーカーから定番の盆踊りソングが流され、やぐらの上で太鼓関連だけ(たまに笛も?)が人力で演奏されている」というスタイル。
いつも思っていたんだけど、踊りのための音という事でいうと打楽器って重要なんじゃないかと(だから太鼓だけでもナマ演奏なんだろうけど)。
でも、スピーカーから流れる音楽とちゃんと合いつつ、ドーンと通るデカい音で太鼓を叩くのって結構難しくない?
太鼓の足元にコロガシ(演奏者が聴くためのモニタースピーカー)が完備されているとも思えないし・・・。

で、時々見かけるのが、あんまりタイミングが合ってなくて、でもなんとか合わせようとして中途半端なビートになっている太鼓、なんてパターンなんだけど、この日は違います。
公園に近づいて行く途中の段階ですでに「お、太鼓が良い!」って感じの音が聴こえてきました。
途中で紹介アナウンスが入って納得、深川辰巳太鼓チームが担当していたのでした。
その後、盆踊り楽曲が中断されて太鼓アンサンブルのパフォーマンスが始まりました。
カッコいい〜!
龍ちゃん&将太ブラザース健在!
江戸の月夜に轟音が鳴り響いてやんやの大喝采。

ビール片手にニッポンの夏です。

11822660_785285091587704_1148366900
11828574_785285151587698_5676348391

« 戦後70年 | トップページ | この中にいる、と言えばまあ、いるのでしょうけれど »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 録音物 + 太鼓 = 盆踊り伴奏・・・?:

« 戦後70年 | トップページ | この中にいる、と言えばまあ、いるのでしょうけれど »