フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 命中しない | トップページ | スタイリスティックス »

2014年5月28日 (水)

センター

先日、「シンガーソングライター・sinnの追悼ライブ、という名を借りた、所縁のあった音楽仲間達を中心に集まって歌や演奏でひと盛り上がりする会」に参加させてもらいました(実際はこんな長いタイトルじゃないですが・・・笑)。

いろんな人が来て、それぞれの想いやスタイルで音楽をやったり聴いたりしていました。
僕はsinnのCD化された作品のほぼ全てを共同でサウンドプロデュースしたわけなので、会場の誰よりもsinnの楽曲たちを事細かに知っている人間であるはず、多分。
というわけで、せっかくなので彼の曲を数曲熱唱してみました。

大将と豪くんと布施くんもオンステージ。
思えばsinnとの出会いがなければ「泉見洋平 with フィクションズ」もなかった。
カラテブラボーにゴエッチはいなかった。
布施君はこの日のために作詞作曲した歌を自身のボーカルで披露、布施君らしいな。
sinnがいなければTYOとあんなに濃密に付き合う事もなかったし、すると当然cocolo'neを結成する事もなかっただろうし、そもそも僕が音楽制作のスキルのほとんどを身に付けたのは、sinnと一緒にあーだこーだとやっていたあの頃だった。
とかなんとか、いろんな事を思う1日。

さて出番だ、個人練習もリハーサルもほぼナシ、歌詞のカンペだけアリ(笑)、演奏メンバーとの打ち合せは1分くらい。
生まれて初めて歌う曲、どれくらいイケるのか?
おおっ! 思ったよりも結構イケるかも。
いやしかし結構キーが高いぞ!
しかもメロディーの譜割りが意外と難しい?
しまった、歌詞カードの字をもうちょいデカくしておくべきだった・・・。

ん〜、まあまあ、何とかカタチにはなったかな。
しかし、こうやってステージ中央でギターを構えて歌う、というのも何だか久しぶり、独特の何かを思い出した気がする(マーマーでは並びの都合上センターに来る事もあるけど、あのバンドの場合は誰が「中央」なのかは曖昧なのでちょっと除外)。
元々僕も、ステージに立つと言えばセンターに立つ事だった。
たまにはこういう事もやりなよ、とsinnが言っている気がする。

Sinn_okubo

« 命中しない | トップページ | スタイリスティックス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/56335963

この記事へのトラックバック一覧です: センター:

« 命中しない | トップページ | スタイリスティックス »