フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

鏡の中のハーモニー(←おっ、曲のタイトルに出来そう?)

久しぶりのcocolo'neリハーサル。
帰って来た魅惑のハーモニー、帰って来た無限の世間話。
新ネタもあれこれと試しつつ、常にチャレンジ!チャレンジ!
実にアグレッシブな我々です。
新しいバイオリンソロもむちゃくちゃかっちょいい!

さて、どこか雰囲気が違うように見える写真、鏡の中からこんにちは。
左右が逆だとパラレルワールドですね。
子供の頃、母親の鏡台で合わせ鏡をして無限に続くパラレルワールドに何時間も見入っていた事をふと思い出しました。

cocolo'ne 次回のライブ情報! ご来場お待ちしております! お店にご予約頂けると確実です。
http://www.cocolone.info/live.html

2014年5月11日(日)『自由が丘 hyphen(ハイフン)』
OPEN 19:00/START 19:30
3000yen(+1Drink Order)
東京都目黒区自由が丘1-26-9 三笠ビルB1 03-3723-2251
「東急東横線・自由が丘駅」正面口を出て、やや右手に見える一誠堂さんと山本山さんの間鳥居の有る道を突き当たりまでまっすぐ進み、突き当たった通りのやや左手のビルの地下一階、米粉パンの和良さんの入ったビルです(駅から徒歩2分)。

Img_3496

2014年4月27日 (日)

3本立て

中村由利子さんの親しみやすくも美しいメロディーのインスト楽曲たちにギターをダビングするミッション。
特に難しいフレーズがあるわけではないのですが、由利子さんのピアノと自然な感じで同居出来るリズムで弾くのがなかなか上手くいかず四苦八苦。
こりゃあ僕には永遠に出来ないかもと思ったある瞬間に、突然何か音楽の聴こえ方が変わって、どうにか良い感じに弾けました。
修行が足りないって事で。
つうか修行してないし。全然。

ところで、いくつかの楽器を取り替えながら録音する場合は、手元に全部並べてサッと持ち替えたいなと思う事が多く、こういうの
http://www.herculesstands.com/guitars/GS432B.html
を買ってみました。
多少は省スペースになるかと思って。
製品としては結構良く出来ています、が、想像以上にさらに部屋が狭くなりました。
これはキビしいと思い、ギターや歌を録る時に使うマイクのスタンドの位置を変えてみたところ、ものすごく部屋全体の使い勝手が良くなりました。
なんか幸せ。
こういうの何て言うの? ヒョウタンからコマ、みたいな? 
ちょっと違うか・・・。

Img_3495

2014年4月25日 (金)

ドラムだらけのスタジオ

サウンドプロデュースを任された仕事で、ドラムとウッドベースのレコーディングに立ち会いました。

今回のスタジオは、元々は「PRESENCE」という懐かしの日本のヘヴィーメタル系バンドのヴォーカル・西川茂さんのプライベートスタジオだった場所を改良して作ったスペースだそうで。
録音用のスタジオとしては非常に珍しい事に、倉庫内に大量のドラムキットが置いてあって、録る時にプレイヤーが好きに選んで使っていいというシステム。
スネアドラムだけでも20台以上はあったんじゃないかな、特にドラム録音に関しては並々ならぬ意気込みとこだわりを感じました。
ドラムはラディックを選択。作業はスムーズに進み、なかなか良好に録れました。
チャンドラーのゲルマニウムマイクプリがあったので個人的に興味津々でしたが、今回必要な音は割とコンサバなので出番がなくて残念!

Img_3454

2014年4月23日 (水)

夢でうなされるに違いない・・・

かなり周到に準備をして行ったつもりでした。が、肝心な時にトラブりました、僕の道具くんが。

僕も初めて見るタイプのトラブルで全く原因不明ですが、とにかくどうにかしないと何も先に進みません。
何十人もの人を待たせる、待たせる、待たせる・・・。
たくさんの人がいる中で対処出来るのは僕だけです。
こういう時こそ冷静に、と自分に言い聞かせますが、おそらく明らかにテンパって見えているでしょう。
普段の数百倍のスピードで脳を回転させ、たぶん数分間でなんとかなる状態に持って行けて辛うじて事なきを得ましたきましたが、僕には1時間くらいに感じられました。
夢に出て来ると思います・・・(苦笑)。

※ これは違うタイミングで撮った、いわゆるイメージ写真(夢の中ではたぶんこんな感じで出て来る)です。テンパりながら写真を撮るほどの度量の大きさは僕にはありません(笑)。

Img_3441

2014年4月22日 (火)

南に向いてる窓をあっけ〜♪

神戸で演奏して来ました。

窓の外は、海! 海! 海!
素晴らしいロケーションでした。
ヨットハーバー、そして砂浜の彼方には明石海峡大橋、その先には淡路島も見えています。
イルカもすぐ近くにいたのですが会いに行く時間はなくて残念!

Img_3434

2014年4月16日 (水)

プログレッシヴ!

ゴエッチ、かっこいい!

フロリダで絶賛演奏中の図。
プログレバンドの祭典に日本を代表して参加、対バンが「Yes」とか「UK」だって(すげー!)。
このバンド「エレクトリック・アストゥーリアス」はすごく高く評価されているようです。
スターになっても俺の事をたまには思い出して欲しいなあ、ゴエッチ・・・。

Goechi

2014年4月15日 (火)

頼り切っていた

今日はフジテレビの湾岸スタジオでリハーサル。

いつも一緒に仕事をしているスタッフが今日はいなかったのですが、いかにいつも彼らに頼り切っているか、頼りになる存在なのかを思い知りました・・・。
個人的にいくつか新しい事を試したのですが、思ったとおりに出来なくて普段使わない脳内のどこかの部分をフル回転させたので、なんだか一日でグッタリ疲れました(苦笑)。
でもウチからの行き帰りが近かったのは助かりました。
ゆりかもめの「市場前駅」のところから、いつの間にか新しい道と橋が出来ていて、体感的にはさらにお台場方面が近く感じられました。
橋の部分は歩道がめちゃくちゃ広く、歩いて(あるいは自転車で)渡ると眺めがすごく良さそうです。
さて、明日はまた脳を切り替えて作曲モードです。
でもなかなか切り替わらないんだな、コレが。

Img_3417

2014年4月12日 (土)

ちょっと久しぶり! cocolo'ne情報

少しごぶさたになってしまいました、cocolo'neです。

この写真は2011年6月24日。初めて我々が演奏した場所、宮城県石巻市の「河北総合センタービッグバン」のレクリエーションスペースです。
初心、忘れる事はないと思います。
さて次回のライブ情報です! ご来場お待ちしております!

2014年5月11日(日)『自由が丘 hyphen(ハイフン)』

OPEN 19:00/START 19:30
3000yen(+1Drink Order)
東京都目黒区自由が丘1-26-9 三笠ビルB1 03-3723-2251
「東急東横線・自由が丘駅」正面口を出て、やや右手に見える一誠堂さんと山本山さんの間鳥居の有る道を突き当たりまでまっすぐ進み、突き当たった通りのやや左手のビルの地下一階、米粉パンの和良さんの入ったビルです(駅から徒歩2分)。

cocolo'ne
Vocal & Violin:水谷美月
Vocal & Guitar:塙一郎
Vocal & Percussion:鈴木豪志

Cocolone_ishinomaki

2014年4月11日 (金)

スパイス効いてる?

背中を丸めてモニター画面に映るアヤシげな模様を見ながら何やらガチャガチャやっている、という僕の日常にありがちな風景ですが、これがまさしく「音楽を作っている」図でございます・・・。

ココのスタジオで採用されていたスピーカーはSONODYNE、ここ数年で結構好評を博しているのですが、なんとインド製!
僕の趣味とはちょっと違ってましたが、なるほど好評の理由はわかります。

Nogata

2014年4月 9日 (水)

深夜限定・飲酒時限定の奏者

先日の北千住ではレイトショーでドラムス担当でした。

我ながら完璧なプレイだったと自負しております。
オファーがあればまたいつでも叩かせていただきたいと思っております。

Drums_1row

2014年4月 6日 (日)

長文、書くのは好きだが読むのはそんなに好きじゃない

久しぶりにかなりの長文になりそうな予感満点です、別に大した話でもないのですが・・・(笑)。

いつもマーマーバンドのライブでお世話になっている北千住Knockに今日はお客として行ってみました。
ところで「北千住」という場所は、都内または近郊に住んでいる人でも、その人の居住地によっては「キタセンジュ・・・地名としては知ってるけれど位置はよくわからん」という場合も多いようですので、この機会にざっとご説明を。

ちなみに僕の家からは車でもまあまあ行きやすく、電車でも何種類もアクセス方法があります。
今日はまず地下鉄東西線に一駅乗って「茅場町」で地下鉄日比谷線に乗り換えました。
「茅場町」もあまり用がない人が多いかもしれませんが、東京証券取引所がある金融街です。
以前は「○○証券」といった看板がものすごく沢山並んでいたイメージですが、最近はちょっと地味ですね。

さて日比谷線に乗って北へ三駅進むと「秋葉原」です。
これまた用がない人はあまり行かないかもしれませんが、間違いなく東京を代表する街の一つですね。
最近、JR線のガード下にあった「ラジオストアー」というバリバリの昭和ムードを今に残していた電気パーツ街が閉鎖になってしまって残念でなりません。
こんな風情でした→ http://www.hamlife.jp/wp-content/uploads/2013/09/akihabara-radiocenter002.png
そういば「秋葉原デパート」もなくなっちゃったし「ラジオ会館」も建て替えちゃったし・・・。

さてそんな用がある人はやたらと行くしそうでない人は全然行かない街「秋葉原」からさらに二駅進むと「上野」です。
動物園や博物館やアメ横もあるしココはさすがに有名ですよね。
と言いつつ、ほとんど行った事がない人も多いようです。
駅自体も周囲も魅力満載の場所なのですが・・・。
まあその話はまた今度。

で、その次の駅に進むと「入谷」です。
たぶん場所がイメージ出来ない人の率がいきなりグッと上がるかと。
その次が「三ノ輪」です。わからない? 都電の終点「三ノ輪橋」もあるんですが。あ、余計わからない?

で、「南千住」と来て、次が「北千住」です。

ちなみに北千住駅はかなりの一大ターミナル駅です。
地下鉄は日比谷線の他に千代田線も来ています
日光のほうまで行く東武スカイツリーライン(伊勢崎線)は都心方向に向かえば地下鉄半蔵門線に乗り入れ、そして東急田園都市線まで直通です。
JR常磐線は快速も近郊普通電車も止まります(特急は通過!)。
さらにはTXつくばエクスプレスも来ています。

駅前にはルミネもマルイもあって東急ハンズも紀伊国屋書店も入ってます。
周囲にはメジャーな外食チェーンのお店はほとんど全てあります。
が、最大の魅力は充実しまくった飲み屋の名店の数々です。
もし僕が酒に強い体質だったら間違いなくハシゴしまくりでしょう。

・・・という感じの街、北千住にあるライブハウス・Knockにて『Bean's Rush Ⅱ』というライブイベントがおこなわれまして、マーマーバンドの盟友のチャオがソロで出演するし顔見知りのミュージシャンたちも出るというので覗きに行ったわけです。
チャオも調子良さそう(写真参照)だったし、全体的になかなか良いイベントでした。
僕がレコーディングを手伝ったyamagishiのCD発売の日でもあったし、ギターインスト演奏もやっちゃうギター漫談師(!)のムッシュも相変わらず冴えまくってました。
終演後はクラモチくんなんかとも一緒にレイトショーのビートルズもどきセッションもやったりして楽しい一夜でした。
しかしそれにしても、ムッシュのオリジナル曲「カノジョから○ナ○ットになった君へ」は衝撃のナンバーでした。
僕の代わりに彼は歌ってくれた。


いや〜、やっぱり結構長くなったな・・・。
でも、元々は少なくともこれくらいの文字数を書くのが僕の基本スタイルだったんです。
初心に返ろうかな。
誰も最後まで読む気がしないかもしれませんが(笑)。

Img_3373

« 2013年11月 | トップページ | 2014年5月 »