フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« cocolo'ne 5th Live 無事終了 | トップページ | どうせキャパオーバーならば・・・ »

2013年3月27日 (水)

花冷え

桜、マックスな感じです。
今年は3月があったかくて早咲きに、という話だったけれど、咲き始めてからは寒いっす。まさに「花冷え」です。
・・・とか思っていたら、あれ、何かそんな感じのタイトルの曲があったな、なんだったけ? と気になり出して。

思い出した! ねきねきよしみさんのDVDに入ってた曲でした。
もう結構前の事ですが、スタジオライブレコーディング形式で映像と一緒に作品化する企画をお手伝いさせてもらいました。
その「花冷え」をYouTubeで発見!
マイク立てて録音してミックスまで全部やったのですが、今観返しても良い感じです!

もちろんご本人のピアニカ演奏もさることながら、ミュージシャン陣皆さん素晴らしく良い仕事してますが、僕としては「これ、どうやって録ったらこんなふうに出来るんだろう?」と、自分に対しても感心してしまいました(笑)。
自分のやった作業内容は完全に忘却の彼方です。
収録当日に致命的な忘れ物をして猛ダッシュで家に取りに戻った事だけは思い出したのですが(笑)。

« cocolo'ne 5th Live 無事終了 | トップページ | どうせキャパオーバーならば・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花冷え:

« cocolo'ne 5th Live 無事終了 | トップページ | どうせキャパオーバーならば・・・ »