フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月24日 (月)

やっと少し見慣れて来た、鍵盤越しの景色

さて、朝から想い出写真の整理なんぞに精を出してしまったけど、そろそろ支度をしないと。
今日はトシちゃんの東京公演、ウェスティンホテルです。
とりあえず僕の視界に広がる世界はいつもだいたいこんな感じ。


428798_314284888687729_1919718966_2

2012年12月22日 (土)

「四半世紀」と申しますが

SisterMAYO with カラテブラボーの「魔女っ子企画」も4回目、非常に盛り上がりました。
来年も楽しみです。

しかし、写真を見て今さらながらに感慨にふけってしまいます。
MAYO、EBY、岩ちゃん・・・、25年前の我々は自分たちの25年後をもし見通す事が出来たら、どう思ったんだろう?
もしこの写真を見せられたら、少なくとも僕は
「え? これが本当に、本当に四半世紀も未来の写真??」
と思ったに違いない。

まあなんというか、いろんな事に対して、いろんな人に対して「ありがとう」です。


156229_181847215293563_230868648__2

2012年12月21日 (金)

早寝の習慣が直らない(普通、それは良い事なんだけど)

トシちゃん大阪ディナーショー無事終了、リーガロイヤルにて。
そのようなわけ(早起き症候群?)で帰りの新幹線の中では爆睡でした・・・。

576496_313203648795853_948989542_n

2012年12月20日 (木)

夢中になれる体力をなんとかしないと

岩ちゃんが「最近、長い時間眠れないのよ〜、眠り続ける体力(!)がなくなってきてるのよ〜」と、よくボヤいていたのですが、僕も同様の症状に。
やたらと無駄に早起きです、4時、5時起きは当たり前〜。
しょうがないので朝から仕事しまくってしまいました、苦手の譜面制作。

さて、今日はトシちゃんの大阪公演。早起きしすぎて本番前に眠くならないか心配ですが、アドレナリン出して頑張ります。

今年はとってもいろんな曲を作った1年でしたが、ちょっと前ですがこんなのも作りました。秋葉原でのイベントも盛り上がったみたいです。
こういう曲は最初にメロディーを作るスケッチ段階で、一人でマイクに向かって「ムチュ!ムチュ!」とかテンション上げて録音してる時は甚だ孤独で、「果たしてこれでいいのか? 状態」になります・・・(笑)。
そういえば遥か昔、マーマーバンドを最初に面倒観てくれた事務所は秋葉原にありました。当時はまだ「アキバ系」という言葉もなかったんじゃないかなあ。

2012年12月19日 (水)

優雅に見える白鳥は水面下では・・・の、水面下担当なのか

過去にMAYOが歌って発売されて来たアニソンの中から選んだ5曲、怒濤のメドレー。
今回は僕が勝手に選曲&構成させて頂きました。
こうやって聴くと僕のコーラスもギターも思いのほかフィーチャーされていますが、しかし僕の姿は画面には1秒たりとも映りませんが、このバンドではどういう扱いなのでしょうか?(笑)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »