フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2011年7月 »

2010年10月

2010年10月 3日 (日)

人生初の救急車

割と悠然と今年は過ごしていたんですが、7月後半位からジワジワ忙しくなって来て8月〜10月は極端に多忙になりまして。
と言っても世の中の本当に忙しい人から見たら片腹痛いってなレベルだとは思いますがね、結構アクロバティックなスケジュール(時間がある時に過去遡りブログでも書こうかな、老後の楽しみ用に)を乗り越えながら観測史上最も暑い夏を過ごしました。


で、今や残った大仕事はあと2つ3つという所まで来たなあ、と安心しかけていたところ・・・!
深夜の突然の発熱&超腹痛!(もはや片腹痛いとかいう洒落た次元ではない)
食中毒になるような物は全く食べていないし、過去に見舞われた盲腸とか結石の類いの痛みとも違う、ノロウィルスの場合は吐き気が凄いと聞いているがそれはないし・・・。
あり合わせの薬を飲んで様子を見るが好転の気配なし。
何よりも問題なのは、翌日が田原俊彦・横浜公演の本番だという事実。
明け方になっても熱は一旦下がった後にまた上がり始め、お腹も痛すぎてまっすぐ立てない。

しょうがない、救急車だ、と決断。
ピーポーピーポーと走る車内で「うーん、意外と乗り心地は良くないなあ、もうちょっとサスペンションを柔らかくしたほうが良いんじゃないか? 揺れるたびにお腹痛い〜・・・!」などと思っておりましたが、迅速なドライビングであっという間に病院に到着。
さっさと血液検査だCTスキャンだ点滴だとやられて、その後もさらに悪寒が増して熱が上がってるってえのに、どうにか普通に歩けるようになったところで薬を処方されて速やかに退院させられました。
要は非感染性の急性腸炎って事で、抗生物質飲みながら安静にして徐々に快復させるしかないようで。


さて、横浜に行かなくては!
何だか熱が39度以上あるんですけど・・・。
かくかくしかじかで入り時間に遅れる連絡を入れ、とてもじゃないけど車を運転出来る自信がないので電車で関内ホールへ。

着いてみると、現場は「完全・一郎フォロー体勢」が組まれていて驚きました。
舞台裏の話なので詳細は省くけれど、本当にスタッフもバンドもプロフェッショナル。
ダンサー達もみんな良いヤツらです。
そしてトシちゃんは優しい人です。


今でこそ俺も田原俊彦バンドの一員である事に少し慣れてきましたが、入った頃は長年のチームワークの中でちゃんと役割を果たせているか常に不安を抱えていました。
あるライブの本番中、メンバー紹介で俺の番の時に、トシちゃんが何か可笑しい事を俺に言って、思わず吹き出したら
「そうだよ、その笑顔が本当の一郎だ!」
と小さい声でトシちゃんが俺に言ったのです。


さて、処方された薬をちょっと短めの時間間隔で数回飲んだところさすがに効いてきて、腹痛も熱もだいぶ軽減され、無事に本番を乗り切れました。
今回の各方面へのご恩は、今後の健康管理と俺の仕事っぷりで返さねばなどと珍しく真面目な事を思ったりして。
帰りは岩ちゃんに付き添われて無事に門仲に到着。
本当に1から10まで、皆様ありがとうございました!


とか言っているうちに体もだいぶ復活し、アルバムレコーディング関連の2連発に突入してます。
そのうち1つは明日完成予定。
その次に入る前に、すっかり忘れかけてたけど自分のバンドのライブがあります!

Dscf0980edit2

10月9日(土)/ スポーツバー「たまりば」
OPEN  18:30
START 19:00   ¥2000 (1ドリンク込み)

Marquee Marblish BANDケスケス /辛さん&恵さん

共演の「ケスケス」は、豪宙太&一郎が参加している泉見洋平バンドで一緒に 活動しているベーシスト「ボビー大久保」のパーマネントバンドです。

予約ご希望の方は 「まぁ一家クラブ」 marblish@infoseek.jp  にメールをくださいませ。

「浦安スポーツバー たまりば」
浦安市 当代島1-5-40
047-352-1810
http://tamariba2010.com/access.html

地下鉄東西線「浦安駅」下車・徒歩2分
大手町→浦安で所要時間16分 案外近いです


そして、ホントに洋平が遊びに来てくれそうな気配なので、キラキラ好きな方はぜひともお越し下さいまし。
元・フィクションズのヒネちゃんも出演するし、近所に住んでる大将も強制参加予定です(笑)。
でもって、健康のありがたみを感じつつ盛り上がっている俺を目撃する事も出来るでありましょう。

« 2010年7月 | トップページ | 2011年7月 »