フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

曲が良すぎる

そういえば言い忘れてたけど、TVCM用の音楽を作りました。
au用のCASIOの携帯電話「G'zOne W62CA」という機種のCMで、玉山鉄二くんという男前が起用されています。

最初、WEB用のストーリー仕立てのムービーに付けるBGM制作の依頼が来ました。
このサイトの中にあるムービーの一つ、「感じる男」の後半に出て来るロックギターサウンドのインスト曲を作りました。
好評につき、TVCM用バージョンでもギターでの参加要請が来ました。
しかし、そちらはいかんせん15秒。
とりあえずガチョーン! と弾き倒し、どうかなーと思っていたら採用になりました(笑)。
TVCMもWEBムービーも気に留めてやって下さいまし。


その後、某有名番組のサントラに収録される曲のレコーディングとミックスをしたり、松戸の実家を覗いたついでに盆踊りをハシゴしたり、マーマーバンドでショッピングセンターのステージに出たり、東京ドームに今年初めて野球を観に行って「小笠原・ラミレス・谷」の3連発を目撃(どうも未だに「日ハム・ヤクルト・オリックス」の3連発に見える感が拭えないんだけど)したり、という感じの夏後半を過ごしておりました。


そして、昨日は大塚「エスペト・ブラジル」にて、マーマーバンドのワンマンライブ。
まあ歌った歌った22曲。
気づいたんだけど、ドカーンと汗をかくとその後から声が出るようになる体質に変わって来たみたいです。
2ステージ目の中盤くらいから非常に好調でした。
という事は、最初から飛ばせるようにするには、その辺を走って来るなりしてウォーミングアップするべき?
しないだろうなあ。。。

途中から、激しい雷鳴が店の中にまで聞こえるような状況でしたが、そんな中でもご来場頂いた皆様、ありがとうございました。
古くからのお客さんに「過去の中でベスト5に入るライブ」とまで言ってもらえたりして、あの曲が良かった、音がそもそも良かった等々、嬉しいコメントの数々。
しかし、俺は思います。
ライブの中で一番良かったのは、やはり
「渚のシンドバット」
です。。。

曲が良すぎます!

作曲もする身として、まだまだ精進させて頂きます。
今後もよろしく。


で、ライブの日に写真撮り忘れちゃったなあと思っていたら、強力な写真が出て来ました。
これは12年前くらいだと思います。
隣の女性は当時のプロダクションのマネージャーですが、今はカタギだそうです(笑)ので目線入れました。


Youngchuta


若い。
若いよ、リーダー。
その昔、某アイドルバンドのオーディションに受かりそうになっちゃった頃の面影があるよ。。。

現在の彼を知るみなさん、写真をクリックすると拡大されます(笑)。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »