フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« さらには泉見洋平2008年1月・2月公演 | トップページ | ますます好きになりました »

2008年4月 2日 (水)

俺の音が宇宙ステーションへ行く!

というわけで前回の続きを、とか思っても何を書こうとしてたかなんて忘却の彼方へ・・・(まあ、当然ですなあ)。


このところ、近年あまりやっていなかったCM関係の音楽をいくつかやらせて頂いております。
しかもどういうわけか、リクエストされるサウンドは往年のオールドロック!
クラプトンふうに、とか言われても引き出しあんまりねえよーー。
なので結構勝手な解釈でやってるんだけど、意外とウケてたりする模様(常に出たとこ勝負の人生)。


バンドのほうも今年3本目のライブを先日無事終えました。
超大入り満員で、ご来場下さった方々ほんとにありがとうございました。

バンドのライブというと、若い頃は自分が思い描くサウンドになかなか現実がついてこなくて葛藤した記憶があるんだけど、今や我がマーマーバンドはほとんど毎回、1曲目が始まった瞬間に俺の想像を超えたナイスな音を出してくれます。
その音に関わっている1人であるのに、思わず「ハッ!」としてしまったり。
当然の如くとても楽しくて、いつまで経っても解散できません(笑)。
もはや俺自身がマーマーバンドのユーザーになっちゃってる感じすらあるなあ。


さて、今日のトピックはタイトルの通り。
既に泉見洋平の山野楽器イベントとこないだのマーマーライブの時にちょっと話した事なんだけど、実はある曲をウチで録音しまして、それが2ヶ月後にはスペースシャトルに乗って宇宙ステーションに行く事になったのだ!

ニュースでもずいぶん取り上げられていたけど、日本製の初めての有人宇宙滞在装置「きぼう」が国際宇宙ステーションに設置された事で、今年は日本にとって「宇宙元年」と呼ばれる年になるらしい。
先日、土井隆雄さんがその作業に携わったんだけど、その続きの第二回作業の為に、日本時間の6月1日朝、スペースシャトル「ディスカバリー」が飛び立つ。
それにまた日本人宇宙飛行士が乗る事になっている。

日本が世界に誇る宇宙飛行士チーム

この、前列左側の「星出彰彦宇宙飛行士」がその人だ。

で、彼は俺の弟の中学・高校時代の友人なのだ!!
俺自身も同じ学校に通っていた事もあり、以前から彼の話は弟から時々聞かされていた。
星出くんは、中学校の寮で同室になった弟に
「銀河鉄道999とか大好きなんだ。だから俺は将来、宇宙に行くんだ」
と言ったそうだ。
「行きたい」じゃなくて「行くんだ」ってのがスゴい。
それが例え、その当時の感覚では「空想好きな子供の素朴な夢物語」以上の物には誰にも思えなかったとしても。

大人になった彼は本当に宇宙飛行士の公募に挑戦し、そこから苦節16年!!
ついにもうすぐ彼の夢が実現する。

「きぼうを増築したい」


そんな彼の為に、弟たち友人チームは「宇宙飛行士が宇宙から地上にいる恋人だか妻だかに向けて語りかける歌」なんてのを作ってみた。
それを録音して彼に届けたいと思った。
となると、やはり・・・こんな時くらいしか役に立たない兄貴の出番でしょう!(ハイ、まさしく他には役に立ちません)

というわけで、歌を聴いてみると、星出くんの個人的背景を知っている友人達ならではの結構良い曲だ。
とりあえずサクっとシンプルな伴奏を付けて、弟のボーカルを録音(素人なりになかなか健闘の歌唱!)してみた。

で、さっそく、シャトル打ち上げの準備で大忙しであろう星出くんのもとにそれを送ったところ、気に入ってくれて宇宙に持って行くと言う!
俺のところにもお礼のメールが来た、しかもNasaのアドレスで!(うおおおー、かっくいいい!)
その後、マーマーバンド含めいろんな人のアイディアで音を仕上げる作業をしているところなんだけど、とりあえず星出くんに送ったデモバージョン、よかったら聴いてみて下さい。

ロボットアームで抱きしめて(仮題) 

タイトルだけは星出くん、気に入らないみたい(笑)


なんだかスケールの大きな話にちょびっと関われて、俺もお祭り的に盛り上がった気分になっちゃっていたけれど、考えてみると命がけの大変な仕事。
星出くんの無事とミッションの成功を祈っています。


いつかベランダで見た、ビルの向こうから登って来る大きな月。
子供の頃は天文学者になりたいと思っていた事もあったのを思い出した。


Moon_2

« さらには泉見洋平2008年1月・2月公演 | トップページ | ますます好きになりました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

わたしの声も宇宙ステーションへ行く!
んですよね???
連れてってもらえるんですよね???
土曜日のライブでは、なんともラッキーなことにコーラスにお邪魔(まさしく邪魔をしてしまったかも......)させてもらえて、とてもとても嬉しいです♪
もう、宇宙に行く気満々で、あちこちで自慢しております。
テレビなんかで「きぼう」の名前を聞くたびに、おおっ、と食いついてしまいます。
ルルル〜♪いうて歌ってしまいます。
にわかに宇宙に夢中です。
宇宙に行けちゃうことも嬉しいですが、マーマーバンドの音の一部にお邪魔させてもらえたことも、実はとってもとっても嬉しいんです。
ますますマーマーにも夢中です。

>はなさん

宇宙ステーション、行きますよー!
星出くんが持って行くの忘れなければ(笑)。
いつか、星出くんとお話しする機会があったら
「宇宙で聴いたあの曲、どんなふうに聴こえましたか?」
と訊ねてみたいですね。

星出くん、今までの日本人宇宙飛行士の中では最年少です。
ぜひ、みんなで彼の成功を祈って応援しましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/12157505

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の音が宇宙ステーションへ行く!:

« さらには泉見洋平2008年1月・2月公演 | トップページ | ますます好きになりました »