フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 最近はこんな風情 | トップページ | 「ブログを見たのですが」と取材依頼が来た! »

2008年4月17日 (木)

あまりにもセクシー

インターネットが発達して個人がホームページを開設するようになった事で、世の中には様々な種類のマニアがいる、そしてそのマニアっぷりを表現したいと思っている、ってのが明らかになりましたよね。
「趣味」という言い方は昔からあったけれど、例えば『アウトドア』→『スポーツ』→『サッカー』とか、そういう分かりやすくて周囲から「ふむふむ」とすぐ理解される物ではなくて、
「えー? それって何が楽しいの?」
というような、しかもピンポイントに細分化された物がいろいろとメジャーになってきました(メジャーな趣味になったわけじゃなくて、その存在自体は広く知られるようになった、ってだけだが)。
その中の1つが『廃墟マニア』ですね・・・。

はい、わたくしもです。
もうこれは、分からん人には非常に不気味な趣味のようで、しかも分かってもらいたいと思ってその魅力を一生懸命語る姿がさらに不気味に見えたりするわけですわ。
よく「オカルト系が好き?」とか「キモ試し系?」などと思われるんだけど、そしてソレ系が好きな人もいるとは思うんだけど、わたくしはちと違う方向性なんですねえ(・・・と、結局語り始めるヤツ)。

メジャーな観光スポットとして「遺跡」ってのが各地にあるでしょ?
それはそれでとても魅力的な物や歴史的価値が大きい物が多いんだけど、なんつーか身近じゃないでしょ? 存在の仕方が。

子供の頃、星空の世界に魅せられて「天文学者になりたいな」と思ったんだけど、
「アンドロメダ星雲、我々の住む銀河系から一番近いすぐお隣の銀河です。地球からの距離は230万光年です」
とかいう説明を読んで、
「え? つまり光と同じスピードで移動して230万年かかるって事? つか、今見えてるアンドロメダは230万年前の姿であって、まさに今この瞬間のアンドロメダがどうなってるか見ようと思ったら230万年後まで待てって事? 俺が根性で230才まで生きたとして、それを1万回繰り返さないといけないのか・・・。しかも、それで『すぐお隣の』って、どんだけスケール大きいんだよ、宇宙!」
と、あまりの自分の存在の矮小さに地味になって、さっさと天文学者指向は捨て去った俺であるので、一定以上ハマれる対象物にはある程度の身近さが重要なのだ。
だから金髪巨乳の外国製のアダルトビデオはなんかどうも・・・、あ、これはまた別の問題かな?

で、遥か昔の息吹を今に伝える遺跡、よりは、ちょっと昔の息吹を今に伝える廃墟、となります。
・・・という程単純な話でもないんだけど、あまりこれ以上語っても鬱陶しいだけ(もう充分語ってますが)なので割愛しますが、まあ何しろ「ある種の」廃墟が好きなのです。

で、子供の頃は鉄道大好きだった(こちらはかなり市民権を得ている趣味ですよねえ、最近では「てっちゃん」または「てつ」って言うんだってねえ、いつ頃からの呼び名だ?)わけでありまして、
「廃墟」+「鉄道」=『廃線』
そう!
廃線(今や使われなくなったけれどその跡が残っている路線)こそが最強のスポットであります(なんかマニア独特のうざーい空気出し始めてる? 俺)。

で、廃線は地方に行けばお宝の山だったりするんだけど、これまた「身近好き」なわたくしとしましては、近所にある廃線が良いわけです。
かつて、東京都臨港鉄道晴海線という貨物専用路線がありました。
このサイトなんぞ見て頂ければ、分かる方にはわたくしの思い入れを理解してもらえる(わかんない人は全然わかんないだろうけど)と思います。
年々、その痕跡は消え続けていますが、春海橋という所に橋梁がまるまる残されています。
現役だった頃はこんな感じだったようですが、残念ながら当時見た事はありませんでした。
すぐそばでは、豊洲ららぽーとを中心とする再開発が今、猛烈な勢いで進んでいて、あっという間に界隈の景観は変わりまくっているんだけど、この橋だけはまるで時間が止まっているかのよう。

いつか解体されてしまうんだろうけど、そのあまりにもセクシーな姿を見たくて時々足を運びます。
美しく、せつなく、毎回目を奪われながらも少し胸が締め付けられる。

ちなみに2004年12月21日の日記にある写真は、カメラマンJico氏を連れて行ってそこで撮ってもらった物です。
こんな全くマニアックな話もたまにはいいでしょ?

あ、廃墟の最高峰はやっぱりココだとは思うけどね。
世界遺産にしようという動きが出てる程だし。
ただ、ちょーーっと遠いよなあ。


Harumibashi

« 最近はこんな風情 | トップページ | 「ブログを見たのですが」と取材依頼が来た! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
このところ、よく日記書いてますね〜
「廃墟好き」の気持ちはなんとなくわかるかな〜。
「工場好き」とか世の中にはいろいろありますしね。

ちなみに、私は「ミニチュア好き」です。料理や食器をかたどった食玩なんかが好物です。
樹脂粘土を使って自分で作ったりもします。mixiでミニチュアフードなんてコミュに参加してたりもします。まあ、熱く語るほどの情熱はないんですけどね〜。

廃墟好き・・・なんとなくわかるかも

先日、私も廃線のトンネルを歩いてきました。
一郎君の好みとは少し違いますが、お散歩コースになっていているんです。
そのトンネルの中から撮った写真、UPしてありま~す。
よかったら見てね。

>かのぴー

元気でやってますかー?
たまにはライブにでも遊びに来ておくれ。
「樹脂粘土」ってのがあるんだねえ!

http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E6%A8%B9%E8%84%82%E7%B2%98%E5%9C%9F%E3%80%80&tag=googhydr-22&index=stripbooks&field-adult-product=0&hvadid=696049629&ref=pd_sl_8pulb3x44s_e

↑ こういうヤツかあ。
俺は絶望的に手先が不器用なんだけど、もしそうでなかったらこういうクラフト系の世界に没頭してたかもなあ。

>伽羅様

ごぶさたしております、ようこそいらっしゃいました!
まあ、細かく趣味が分かれる世界ではありますよねえ。

でも、トンネルも結構好きかも。
東京都内のど真ん中、港区虎ノ門界隈に「愛宕トンネル」という立派なトンネルが存在している事を知る人は結構少ない。。。

春海橋に会いに行こうって思う時は、どんな心境の時ですか?(それともついでか?)
健全(?)なマニアックぶりって実は聞いてて惹かれるし面白い!いつか春海橋に行ってみよっと。
京成線には昔、上野と日暮里の間に「動物公園」て駅がありました。今も電車の窓にへばりついて見ると暗闇の中にホームが見えるんだけど、学生時代使ってた駅だからせつなーいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/20333708

この記事へのトラックバック一覧です: あまりにもセクシー:

« 最近はこんな風情 | トップページ | 「ブログを見たのですが」と取材依頼が来た! »