フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 地味な話もたいがいにして | トップページ | 泉見洋平2007年12月公演 »

2007年12月25日 (火)

今年は出掛けたなあ・・・

どうやら、ipodくんが不調を訴えているようだ。
Appleのサイトに載っているリセット方法をあれこれ試したけれど、ちーとも立ち上がってくれない。
数年前にヤフオクで古めの型を新品を手に入れたんだけど、調子に乗って曲をたくさん突っ込みすぎたかなあ・・・?
何千曲も入ってるので、むしろ探すのが大変になってしまった程だ(最近の型は検索のやり方とかさらに洗練されているんだろうか?)。
しかも、外付けハードディスクとしてもスケジュール帳としても活躍していたので、結構痛手。

それに対して、滅茶苦茶酷使しているデジカメは全然壊れない。
国産は優秀だなあ(ちなみにCASIOです)。
デジカメはここ数年で物凄く進化しちゃったようなので、壊れたら新しいヤツに買い替えようと思ってるのに、全く元気なのだ。
暗いところでの撮影とか、最近の機種に比べるとかなり弱いんだけど、まあまだ本人がやる気のようなのでしばらく使ってやろうと思っている。


ところでわたくしは変な衝動買いとかをたまにするクセに、重要な物をあれこれ迷ってなかなか買えずにいたりするチグハグな消費者である。
もうずーーーーーーーっと前から、必要に迫られて「あるタイプの」エレキギターが欲しいと思っていた。
タイプ、ってのは説明すると専門的になるのでアレなんだけど、まあ一応言うと
「ミディアムスケールで、2ハムもしくはそれに準じていて、ネックの握りがしっくりきて、チューニングが狂いにくくて、重くなくて、あんまり値段が高くなくて、デザインが嫌じゃない」ヤツ、が欲しかったのだ。
なんかやたらと注文が多い感じだけど、本当は「何しろちゃんと使えるヤツ」が1本手元に欲しかっただけ(ウチには結構いっぱいギターがあるんだけど、どれもこれもメンテナンスが悪いやら自分の好みが昔と変わった事やらで、イマイチくんばかりなのであった)なんだけど、いろいろと迷っているうちに「どうせ買うなら」と、どんどんとハードルが高くなっていってしまったのだ。

友人の「もんごる・くぬぎ」氏がオークションで手に入れた古いYAMAHAの「SF700」ってのを弾かせてもらったらすっごく秀逸で、すぐさま欲しくなったんだけど、遥か昔のモデルなので手に入るかどうかは運頼み。
あと、ギブソンのレスポールはさすがに良いのがあるんだけど、ちと高すぎる。
時折楽器屋に行ってはいろいろ試したんだけど、なかなか「コレ!」ってのが見つからない。

しかし実は、ほぼ理想的なギターをわたくしは以前から知っていたのです。
弟子1号の「アリちゃん(通称・二郎もしくは小一郎)」が所有している白いギター。
でも、どういうわけか殆ど楽器屋の店頭には置いていなくて、ネットの通販で手に入れるしかないような感じなのだ。
いくらなんでも、実物を試奏してから買いたいのが人情ってもんでしょ。
うーむ、どうしたもんか・・・。

と思案していたら、偶然立ち寄った楽器屋で、ちょっとバージョン違い&色違いなんだけどほぼ同じギターを発見!!!
早速弾き倒して、ほとんど同じ弾き心地である事を確認。
デザインがびみょーーーーにビジュアル系っぽいんだけど、まあまだまだ俺様も若々しいのだと無理矢理思い込んで、買って来たのであった。
で、早速ライブで2度ほど使ってみたけど、なかなか良好。
ゴールドトッップっぽいんだけどややラメっぽくもあり、最近風でもありつつ伝統的な風情もあり、音のバリエーションも結構広くて、まあ万事において中途半端な俺にピッタリだろ!


さて、月日の経つのは早いもので、もうすぐ今年も終わりっすね。
わたくしのキャッチフレーズ「365日中、350日くらい家にいる男」に反して、今年はかなりいろいろと出掛けたなあ。
大好きな沖縄にも2度行ったし、レコーディングで大阪に滞在したり、韓国にも2週間、長野に演奏に行ったり、他にも高原やら温泉地やら海やら、仕事でもプライベートでも大移動の一年だった。
ステージに上がった回数は去年に比べて結構減ったけど、大小いろんなプロジェクトの録音に関わって、なんだかんだで15枚くらいのCDが出来上がった。
それぞれいろんな思い出があるので、次回からはそれら中心にポツポツと書いてみようかなあ。

次回って、いつ・・・・・・・・?


Shecter_4

« 地味な話もたいがいにして | トップページ | 泉見洋平2007年12月公演 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/9559806

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は出掛けたなあ・・・:

» ネックレス [,今年は出掛けたなあ・・・]
興味深く読ませて頂きました!また! [続きを読む]

« 地味な話もたいがいにして | トップページ | 泉見洋平2007年12月公演 »