フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« D-45が来た日 | トップページ | 猟犬 »

2005年3月27日 (日)

相棒

ギター弾きの若い男子二人に、ギターやその他諸々の音楽にまつわる姑息な技術(笑)を隔週で伝授している。
二人は同じバンドでツインギターで一緒に活動している(今はちょっと休業中らしいが)。
そしてこの二人、非常に仲が良い。
15才くらいの時からずっと何をするにも一緒だったそうだが、見ていると「相棒」という呼び方がぴったりとハマるように思える。
ギターの事に限らず、きっといろんな事について話しているのだろう。

「仲間」「友達」「親友」「恋人」「大切な人」「最愛の人」いろいろな、近しい人間を表す言葉はあるけれど、「相棒」という響きがイメージさせる関係性に憧れる(ちょっとレトロっぽいけどね)。


先日、作曲家でキーボードプレイヤーで旅人で俺のギターの弟子でもあるミマス君に久しぶりに会った。
彼はまったく変わらぬたたずまいで「エレキギター用のエフェクターをアコースティックギターにかけたらどうなるんでしょう?」などの熱い質問を(いや、別に熱くはないか)あれこれとぶつけてきたのでいろいろと解説したのだが、俺としては彼の「ぶらり一人旅」の話をいろいろと聞きたかったのだが、まあ次に会った時にでもゆっくりと。
1年に1枚という安定したペースでアルバムを制作し続けている彼のご自慢のスタジオで写真を撮り「さっそく日記に載せるよ!」と俺は言ったのだが、すっかり忘れていた。
というわけで、こんな感じです。
そういえば彼の「相棒」のサチコねーさんには随分会っていないなあ。


Mimas

« D-45が来た日 | トップページ | 猟犬 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/7290209

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒:

« D-45が来た日 | トップページ | 猟犬 »