フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004年12月27日 (月)

腰が痛いっすよ。。。

今日は、相当に自分より若い面々のバンドにギターとして参加してのライブだった。
思いっきり若々しいロックサウンドなので、それ相応の態度で演奏しないといけない。
たった30分だったのだが、余計な所に力が入りすぎていたらしく、身体のあっちこっちが痛い。
あんなデカい音でエレキギターを弾いたのって何年ぶりなんだろう?
とりあえず、迷惑はかけない程度に弾いて乗り切ったけど、いいとこ55点っつー感じの演奏内容だったなー、個人的には。
来年はちょっとフィジカル面をどうにかしないと、そろそろ本当にマズい気がする。

渋谷のOnAir系列で一斉に行われているイベントの一環だったのだが、Eastに斉藤和義が出ていた。
パスで入場出来たので、せっかくだから観に行ってみた。
正直、あんなに魅力的なシンガーだとは知らなかった。
しかも、ギターもかなりいい感じで弾いている。
コレと言った大ヒット曲があるわけでもないのに根強い人気がある理由はよーくわかった。
TYOのたかえっちが泣くほど好きな理由もね。

夜は気持ちを切り替えて、泉見洋平の新曲録音と来月のライブの打ち合わせ。
今年の年末はいつになくドタバタだ。
大掃除どころか、普段よりもさらに散らかりまくっている。


Ykj3

2004年12月21日 (火)

もはや演歌の人なのか

今年の年末はあんまり忙しくなさそうなので、まったり出来るかなー? と思っていたのだが。
突如、予想外の展開が起きたりして、そうも言っていられなくなった。
エレキギターを大音量でステージで鳴らすのは一体何年ぶりなんだー?
まだ、勘が取り戻せない(レッスンではエレキギターを教えてもいるが、そんなに大きい音は出さないし、生バンドと一緒に演るワケでもないし)。
同じ「ギター」と名がついても、アコースティック系とエレキは似て非なる物だなーと今更ながらに強く実感。
試しにいつも使っているTAKAMINEのアコギをエレキ用のアンプにつないで思いっきり歪ませてみた。
当然、大きい音にするとハウリングしまくりなので、そんなには上げられない。
しかし、一応エレキっぽい音にはなる。
で、弾いてみると、すごい歪ませているのに、かなり強くピッキングしないとディストーションサウンドにならない。
つまり、エレキギターは逆に「出力」という点で、最初っからかなり均一なレベルが出る楽器なのだ。
この「均一さ」に、なかなか慣れられない。
昔はそんな事、気にした事もなかったと思うんだがなあ。
まあ、ちょっとコケるわけにいかない事情もあるので、付け焼き刃に特訓する日々が続く。

今年後半から来年にかけて「売り出し攻勢」をかけ続けていくTYOだが、先日、友人のカメラマンのJico氏に頼んで気合いの入った写真をたくさん撮ってもらった。
レコーディングと同じ日にやる都合もあり、俺の家から近い場所で、とのリクエストに応え、とっておきのロケーションをいくつか紹介。
さすがに専門家のワザは大した物で、いいのがいっぱい撮れた。
で、せっかくなので、合間を縫って
「ぼ、僕も、2〜3枚、撮っていただけちゃったりしないでしょうか・・・?」
とお願いしてみたところ、30枚くらい撮ってくれちゃったりしたので、今後はプロフィール用などに活用させて頂きまくろうと思っている。
しかし、音楽やってる人、というよりは、若手の棋士かなんかみたい、との指摘もあるのだが。
強いて音楽系というなら、演歌の人っぽいかなー、とか・・・?


Profile_2

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »