フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 記録(マーマーバンド日記より) | トップページ | 大げさ、じゃないんだろうなあ »

2004年10月13日 (水)

雨降りの渋谷

仕事の打ち合わせで渋谷に行き、帰りに楽器屋を覗いて「モデリング・アコースティック・ギター」なる物を試してみる。
まあ、便利モノとしてはアリかもしれない(一本でギターだけじゃなくてバンジョーやマンドリン、シタールから三味線の音まで出せる)けど、基本のギターサウンドが、まあ「なんちゃって」の域を出る物ではなく、十数万円出す程ではないかなあ、という結論。
エレキギターをメインに、ちょっとだけアコギも弾く、というような人には良いのかもしれないけどね。

その後、渋谷在住の弟に電話してみたところ、丁度身体が空いていたようなので、晩飯兼ちょっと一杯という事になった。
お互い、都内に住んでいる割には結構疎遠な兄弟なので、たまに会って話すと積もる話題も豊富で、なかなか面白い。
愛犬の「コジロー」にどれほど振り回されている(なかなかビーグルは侮れないらしい)日々を送っているか、とか、俺の高校時代のクラスメートのC嬢がその後、弟の友達と結婚していたというのを初めて聞いたり、弟の生活圏内にある馴染みの店に連れて行ってもらったり、そこのマスターは実は中華の料理人としてかなりの経歴の持ち主なのにすっごいB級の一杯飲み屋(しかし、イイ感じの店だったので、是非ともまた行こうと思った)を敢えてやっている、という裏話を聞いたり、そんな具合にあーだこーだと。

俺たちは恐らく、谷間の世代。
高度経済成長の中で生まれ、リニアモーターカーが乗った絵本を読んだ。
幼い頃から刷り込まれた「まあ、いろいろあるかも知れないが、結局世の中は良い方に進んで行く」という楽観的な感覚を捨てる事がなかなか出来ない。
あまり遠くない将来、俺たちの存在自体が「昭和の不良債権みたいなオッサン連中」としてカテゴライズされる日が来るだろう。
一杯、どころか、何時間も渋谷に長居して多少酔いも回ったせいか、そんなところまで話は進む。
例によって、変な兄弟だ。

押上止まりの半蔵門線最終に乗り、今日も無事に帰って来た。
自分の半生に嘘八百の脚色を加えて誰かに話してみたい気分になりつつ、久しぶりに日記を再開した今夜。


246

« 記録(マーマーバンド日記より) | トップページ | 大げさ、じゃないんだろうなあ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/20128397

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りの渋谷:

« 記録(マーマーバンド日記より) | トップページ | 大げさ、じゃないんだろうなあ »