フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 確かに標語だけど | トップページ | 記録更新はあの夏以来なんだね »

2004年7月20日 (火)

進化の途上

早いもので、一色繭実のライブももう9回目。
マーマーバンドなどでもいろいろと世話になっているカメラマンのJico氏から頼まれ、去年からライブを豪宙太リーダーと共に手伝ってきた。
繭実嬢本人の歌はだいぶカタチになってきたが、今だから言うわけでもないが、最初はもう、なかなか凄かった。
今までいろんな形態で音楽をやってきたが、あんなに下手な歌(音程など技量についての話ですが)のバックで演奏した事はなかった。
そもそも歌唱力を前提にパフォーマンスするタイプでは全然ないのだが、その割には彼女が持ってくる曲は(ちなみに全曲、彼女の作詞・作曲である)とても美しいメロディーを持っていたりして、そのギャップに俺自身も「どーしたもんだろうか?」と煮詰まったりもしてきた。
その後、彼女は毎週、ボイストレーナーの所に通うなどの努力をし、シンプルなアンサンブルに乗って歌う事にも慣れ、ライブの度に何かを発見しながら「進化の途上」にいるのだろうと思う。

今回のライブは前回に引き続き、四谷天窓と同じフロアに最近オープンした「四谷天窓・comfort」で行われた。
クールなラウンジをイメージしたかのような、ちょっと洒落た雰囲気。
決して広くないステージに真ん中にどーーんとグランドピアノが置いてあるので、それ以外の演奏者にはちょびっとしかスペースが与えられない。
そんな中でも豪先生はいろいろと武器を持ち込み、ドタバタと工夫をこらしていた。

前回、初めてスケジュールの都合で豪君は欠席したのだが、マリンバを中心にプレーする女性パーカッショニスト「erimba」さん(元ちとせのCDでもプレイしている!)と、幅広い芸風を持つピアニストの「ただすけ」くん(Smapのツアーメンバーだった! それにしてもJico氏、幅広い人脈っすねえ)という強力助っ人の力を借りて、ちょっと広がりのあるアンサンブルを作ったので、今回もその流れを踏襲すべく、キーボーディストの俊郎くんに参加してもらった。
ちょっと準備不足もあり、お世辞にも万全のアンサンブルにはならかったと思うが、歌手本人はまた新たな何かを掴んだふうだったので、まあメデタシメデタシっつー事で。

彼女のCDを2曲入りで作ったのだが、その第二弾をもうすぐ作り始めないといけない。
それに入れる曲もこの日のメニューには入っていたのだが、彼女が曲目を紹介し、俺のイントロから入る段取り。
弾き始めようと思ってふと豪君のほうを見ると、何やらまだ準備が出来ていない様子。
とりあえず場を数秒つなぐために、例によって出まかせのフレーズを弾いてごまかした。
ライブ後、Jico氏が感心したように
「いやー、一郎さん、忙しそうなのにちゃーんとその合間を縫って、録音用に新しくイントロのフレーズを考えてアレンジしていてくれたんですねー! すごく良い感じになったと思います」
などとおっしゃる。
あああと、えええと、いや、もう2度と同じように弾けないんすけど。
つか、どう弾いたか全く覚えてないんすけど・・・。

あとで、録画してあるビデオを見せてもらって、自分で弾いたフレーズを自分で解明する羽目になりそうである。
こんな出まかせの一つ一つの中にも、「進化の途上」にいる俺にとってはお宝が潜んでる場合がある。


Comfort

« 確かに標語だけど | トップページ | 記録更新はあの夏以来なんだね »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/20214214

この記事へのトラックバック一覧です: 進化の途上:

« 確かに標語だけど | トップページ | 記録更新はあの夏以来なんだね »