フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« 堪能(マーマーバンド日記より) | トップページ | まあ、スッキリとはした »

2004年6月25日 (金)

リニューアル

自分の地味なH.P.の中の日記「大した事も起きない日常」が、あまりに雑草生え放題なので、思い切ってリニューアルしてみた。
一旦途切れてしまうと、どうしてもなかなか更新しなくなってしまうのが雑草状態の原因だ。

だが、こんなスカスカな日記であるが故に、最初の頃はまだ20世紀だし、我が家の3世代前のMacを使って書き込んでいると思われるし、ささやかな歴史が垣間見える。
しょうもない内容が多いが、たまーに自分でも「おっ?」とか思うような事を書いていたりもして、ちっとは残す価値もあるかなあと思ったりもするのである。
あと、その時には「大した事ではない」と思っていた事が、後から考えると少し重要な出来事につながるエピソードになっていたりして、老後の楽しみを残すという意義において、なかなか使えそうな気配だ。


さて、何やら暑い日々だ。
台風が上陸しまくったりして、あんまり梅雨っぽくない。
寝苦しいせいもあるが、睡眠時間が一定にならない。
徹夜同然で次の日をフラフラしながら過ごし、その後爆睡しすぎてまた翌日眠れなくなったり。

眠れない夜は、最近いろいろ入手したレコーディング用機材のマニュアルを読んだりして過ごしてみる。
日記を読み返してみて分かったが、俺の「オークション熱」はかなり長期に渡っており、多分60品くらいは落札していると思われる。
店で買うのがアホらしくなるほど、上手な買い物をしている・・・、という気になっているが、要は結構散財しているわけであり、これはなんとしても回収できるように機材達を使いこなさないと、と、やる気満々になってきたのである、というのはウソで、理屈っぽいマニュアルでも読んでいれば眠くなるだろうという目論みにすぎないのであった。
ところが、新しい機能とかを発見すると、ついつい試してみたくなり、電源を入れてテストレコーディング等を始めてしまったりするので、ちーとも眠れないのである。

今日は、かつて「ロードマネージャーとアレンジャー」という関係で一緒に仕事をしていたA君が別の会社に移り、その彼が新しい会社でアレンジャーを探している際に俺を推してくれたらしく、そちらの社長さんとの顔合わせも兼ねて打ち合わせに出かけてきた。
だいぶ長い間髪の毛をほったらかしにしている俺は、かなーり貧相な風貌になっており(びしっとキメたところでやっぱり貧相なのだが)、この機会に美容院に行こうと思っていたのに、時間の使い方が例によってヘタクソで行く暇がなくなってしまい、結局ウルトラ貧相なままで、ビルのガラスに映る自分の姿にうんざりしつつ、こんな事って今までの人生で5000回くらいあったけど、何ら改善されないよなあ、とか回想していたのであった。

それでも一応、必要な打ち合わせは済ませ(恐ろしく若い女性タレントのレコーディングの話だったりした。どれくらい若いかと言うと、まあ平成生まれ。それじゃ親子だよ。。。)つつ、間近に迫った並木のり子のライブ用の譜面をやりとりするために門前仲町に来てくれた日根野ちゃんと、いろいろ相談したりしたのであった。

ここ数年、彼女とはかなり多くのライブで一緒に仕事をしてきたが、いろいろな都合で、今後はそんな機会もめっきり減りそうな状況だ。
譜面などの資料を揃えた後、お腹も空いていたので二人でバーミヤンに出かけ、「音楽と私」というようなテーマでしばし深刻に話し合ったりしたのであった(いや、ほとんど深刻じゃなかったかな、やっぱ・・・)。

声優として活躍してきた並木のり子の初のリーダース・フルアルバム『 i [ai] 』がもうじき発売になるが、その1曲目を飾っている日根野ちゃん作曲の「わたし物語」は、なかなかの良い曲だと思います。


Namikiza

« 堪能(マーマーバンド日記より) | トップページ | まあ、スッキリとはした »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/23533570

この記事へのトラックバック一覧です: リニューアル:

« 堪能(マーマーバンド日記より) | トップページ | まあ、スッキリとはした »