フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« かなり違う | トップページ | 選挙(マーマーバンド日記より) »

2003年11月 2日 (日)

港区(マーマーバンド日記より)

東京、港区、六本木、である。
マーマーバンド、久しぶりに六本木の夜に進出。
野田のモンキーズ(あ、今はJAMか)でやるのとおんなじようにやってみたら、意外にも結構通用し、お店のスタッフなどにも大好評だった。
他の出演者達もそれぞれ系統は違えど、なかなかみんな鍛えられていてハイレベルだった。
またいつか縁があればやるかもしれない。


六本木には、いくつか思い出に残るシーンがある。

ローランド、という楽器メーカーの新製品発表会があり、その製品を使ってギターのデモ演奏をした事があり、その会場が六本木だった。
演奏も大変だったが(何せ、客席を埋め尽くした数百人は全員がミュージシャンみたいなもんだから、プレッシャーたるやかなりのもの)、それもさることながら、
「えー、このツマミを回しますと・・」
などと説明をしなければならなかったのも大汗だった。

テレビドラマなどでも活躍している俳優のY本君と二人で、レコード会社の御用達の六本木の焼肉屋に行った事もあった。
ソウルで一番美味い、と言われている焼肉屋に連れて行ってもらった事もある(もちろん、激しく美味だった)が、もしかしたらそれを上回っていたかもしれないくらいとんでもなく美味しいカルビをその店は出してきた。
芸能人はいつもこんなもんを食っているのか? と思ったっけ。。

吉本の芸人さんや宝塚の女優さん達が出演したお芝居の音楽を作った事があるが、その打ち合わせも六本木だった。
脚本を書いていたのが、今売り出し中の人気放送作家さんで、打ち合わせの間じゅう、その人が持っていた3台の携帯電話が交互に3分おきに鳴りまくり、
「売れっ子っつーのはこういう事か・・・」
と思い知ったっけ。

初めてマーマーバンドで六本木でライブをやったのは確か4年前、よりによって何かのクラブ系のイベントで、ヒップホップとかをやってる他の出演者に混じって我々はお揃いのダブルの縦縞スーツで(田舎の不動産屋の集団かと思われたに違いない)、一曲目のイントロで一斉に帽子を投げる、というパフォーマンスをやったが、会場は恐ろしくノーリアクションだった・・・。


で、今日、六本木ライブが無事に終了したわけだが、今回の思い出としては、こんなやりとりがきっと記憶に残るのであろう。

        ↓

ライブが終わった後、賑わっている夜の街並みを見渡しながらリーダーが
「すっかり変わったよなあ、六本木も・・・」
としみじみ言った。
「へー、そうかね・・?」
「うん、店とか全然違うもんな・・」
「不景気のせいかな?」
「いやさー、だいたい、俺が六本木に入り浸っていた頃はさあ・・・」
「うん、うん・・・・・、ん?」

つーか、ちと待てーーーーー!!!
えええええええ
知らなかった!!!
豪宙太に「六本木に入り浸っていた時代があった」なんてーーーー!!!


豪宙太と港区、これほど関係性が見えにくい組み合わせもないと思うのだが。

« かなり違う | トップページ | 選挙(マーマーバンド日記より) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/30279004

この記事へのトラックバック一覧です: 港区(マーマーバンド日記より):

« かなり違う | トップページ | 選挙(マーマーバンド日記より) »