フォト

大した事もない写真集

  • Chukin
    デジカメのおかげで老後の楽しみが増えました。

道具の山(マニア向け)写真集

  • TASCAM M-224
    商売上必要ってのもありますが、そもそも道具を並べるのが好きな性分なんですわ。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽あれこれ

  • 煌神羅刹 / 陰陽座


    わたくしの舎弟達が強く推すのでチェックしてみたところ、なんとも懐かしいジャパメタサウンド! コンセプトもバッチリ練られていたり男女のツインボーカルだったりで面白いし、歌詞がほぼ日本語オンリーというのもいい。


  • De mi Corazón al Aire / Vicente Amigo


    血管の中を流れる血のスピードが違うんだと思う、絶対。単に技術とかの問題ではない加速力! でありながらも美音なんだよなあ。やはり我々はわびさびとか曖昧さで対抗するしかないか・・・。


  • Donavon Frankenreiter / Donavon Frankenreiter


    ジャック・ジョンソンのプロデュースなだけに、やはり通じるサウンド。技術陣も良い仕事してるなあ、何しろ気持ちイイすよ。


  • わすれもの / Rei Harakami


    ふとしたキッカケで聴いてみたら、すごく気に入ってしまった。エレクトロニカ、って事になってるらしいけど、とても情緒がある。


  • Songs In The Atic / Billy Joel


    初期のライブ音源を集めたアルバム。高校時代に自室でヘビーローテーションしてたっけなあ。今聴いてもなかなかイケる。


無料ブログはココログ

« ヒザから下 | トップページ | これぞ、日本の残暑 »

2002年8月29日 (木)

「信じられない程」とか、簡単に言うが・・・

このホームページを作って間もない頃、僕は春日師匠つながりで「ソ・ウヨン」という韓国人歌手のCDのレコーディングを手伝った事があった。
思えば、あれからもう2年半以上経ってしまったのだが、そのウヨンの新作をまた同じチームで作る事になり、じわじわとその作業が開始されている。
そのレコーディングでは何と言っても、元・憂歌団の内田勘太郎さんの参加が思い出に残っているが、今回はまだまだゲストプレイヤーを呼ぶ段階には至っていない。
早くも〆切間際の事を想像すると不安になる(常に最後は切羽詰まる事になっている)が、僕が騒いでも仕方がないので、自分の役割を迅速にこなすしかない(笑)。

そして、26日の作業を早めに切り上げた師匠が
「ちょっと面白そうなライブがあるから、一緒に行かないか?」と
誘ってくれた。
その日はウヨンは風邪気味でホテルで倒れていたので、二人でそそくさと赤坂ブリッツに向かう。
出演は「ロキア・トラオレ」という歌手(アフリカの西海岸の国、マリ共和国からやってきた)と、「マハラジャ」というインドのグループだった。

まずは「マハラジャ」とやらの登場。
見るからにインドそのもの、という民族衣装をまとった数人の男性が、ステージ上にちょっと高めに作られたセットの上に座る。
まずは笛を携えた一人がおもむろに吹き始める。
「ぴーーーーーーーーー・・・・・・・・」
延々と無限に続くロングトーン。
いわゆる循環呼吸というやつだ。
しかし、それだけではない。
なんと、同時にメロディーが鳴り始める!!!
よく見ると、笛を二本くわえているようだ。
し、しかし、いったいどーなってんだ????
だって、一本の笛に絶えず息を吹き込みながら、もう一本の笛は吹いたり止めたり自由自在って、そんなの物理的に可能なのか???
どうにか仕組みを解明してやろうと目を凝らしていると、弓で弾く弦楽器系の奏者の音が重なり始め、そのあとさらに二人が登場し、両手を胸の前で合わせてお辞儀をしてから座った。
と、次の瞬間、そのふたりが、もっっっっっっっのすごいグルーヴでリズムを刻み始めた!!
一人は立て膝の体勢で、両手にカスタネット系の音を300倍強力にしたみたいなやつを持って「スッカラカカッカカカスカカンカラスカカ・・・・!」を超絶な高速で繰り出す。
もう一人は、両面に皮がはってある太鼓を手で叩くのだが、そのサイズからは想像もつかないほどの「鳴り」で迫り来る。
ああ、文章ではいかんとも伝えられないなあ・・・・。

さらに、全員がボーカルも兼ねていて歌うのだが、これがまた超強力で、だんだんと会場はトランス状態に入っていく。
曲が進み、鮮やかな民族衣装をまとったお姉さんが登場する。
その居ずまいを見て
「お? インドの映美ちゃん(上々颱風の歌手です)か?」
と師匠がコメント。
やがて、ステージが佳境に入り、お姉さんが踊り始めたが、これがまた、一体どーなっちゃってるのか、という動きだ。
とにかく回るのだが、もう、「人間・遊園地の回る系アトラクション状態」である。
とてつもない演奏と歌と踊りで、誰もが興奮のるつぼと化した。
こんなのをやられて、カラダが動かないヤツなんかいるのか?

45分ほどの演奏が終わった瞬間、明らかにとんでもないものを目撃した、という空気が客席全体を多い、割れんばかりの大歓声。
よく「信じられない程の」というような形容詞を簡単に使ってしまう我々だが、とにかく、人生始まって以来くらいの「信じられない」パフォーマンスだった。

ここで15分間の休憩に入る。
「師匠、僕はこんな物が地球上にあったなんて、って気分なんですが、世界中でいろんな音楽に接してきた師匠的には、今のはどうなんすか?」
「いやいやいや、勿論、大変な事っすよ、こんなの・・・・。ちょっと簡単にはお目にかかれない物でしょう。僕もこんなに驚いたの、ホントに久しぶりだなあ」
「何か陳腐な物言いかも知れないけど、音楽ってこんなにチカラがある物だったんだ・・・、って思いました。」
みたいなやり取りをしつつ、しばしぼーっとする。
師匠がCDを買ってきて、そのライナーノーツで知ったのだが、この「マハラジャ」というグループは、いわゆるヒンドゥー系ではなくてイスラム系らしい。
インド音楽と聞いて即イメージするタブラやシタールは全然登場しなかった。
メロディーも、なんと言うか、とても「アジア的」(まあ、インドはアジアなんだけど)。
日本語がそのままハマって盆踊りででも流れてきそうな旋律も登場したし、全体的に哀愁を帯びた感じもあった。
しかし、グルーヴはめっちゃくちゃ凄いのである。
「マハラジャ」は、インドでは砂漠の民で、世界中のジプシーの原型みたな物を継承しているらしい。
カーストも低くて、ほとんど人間とは認められていない系(なんか語弊があるが、現実としてそうなのだろう)の人達だそうだ。
僕は全然違う意味で、自分と同じ人間とは思えない気分だったけど。

と、そこへ一人の女性が近づいてきて我々に微笑みかける。
あら?
何と、ホンモノの(?)白崎映美ちゃん from 上々颱風!
「いやー、さっきのインドのお姉さん見て、映美ちゃんの話をしてたとこなんだ!」
「あらまー、そーなのー?」
「すごかったねー、今の・・・」
「ほんとすごかったね。あたし、最初のところ、見はぐっちゃたんだよなあ・・・」
などと和んでいたら、休憩も終了し、後半の「ロキア・トラオレ」が始まる気配だ。
さて、再び場内へ。
まだ客席は先ほどの興奮の余韻が残っている状態だったが、実はこの夜はまだまだこれでは終わらなかったのだ。

次回に続く。

« ヒザから下 | トップページ | これぞ、日本の残暑 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438039/30135695

この記事へのトラックバック一覧です: 「信じられない程」とか、簡単に言うが・・・:

« ヒザから下 | トップページ | これぞ、日本の残暑 »